疫病

ウィルスに対するアルコール消毒の効果とは?自作の際の注意点も解説

ウィルス対策に効果的だとされているアルコール消毒。ですが、ウィルスの種類によって効果が期待できないのはご存知でしたか?

この記事では、ウィルスに対するアルコール消毒の効果について解説しています。ウィルスの種類と、それぞれに効果的な消毒液を紹介しています。様々なウィルスに効果を発揮する、おすすめのアルコール消毒液も紹介していますよ!

また、アルコール消毒液を自作する際の注意点や作り方を解説しているので、アルコール消毒液が手に入らず、どうしても自作したい!という方にとって役立つ内容になっています。

ウィルスが蔓延しやすい時期に備えて、正しい使い方、適切な消毒液を選んでウィルス感染から身を守りましょう!

出典:https://www.photo-ac.com

【アルコール消毒が効果ない!?】ウィルスには2種類ある

出典:https://www.photo-ac.com

ウィルスは「エンベロープウィルス」「ノンエンベロープウィルス」の2種類に分けられます。エンベロープとは、ウィルスが外側に纏っている膜のことで、この膜の有無によって分別されるのです。

エンベロープがあるものは、エンベロープウィルスと呼ばれ、インフルエンザウィルスやSARSコロナウィルス、エボラウィルスなどが当てはまります。現在、感染が拡大している新型コロンウィルスもエンベロープウィルスですね。

一方、エンベロープを持たないウィルスをノンエンベロープウィルスと呼び、ノロウィルスやロタウィルス、A型肝炎ウィルスなどが当てはまります。

ウィルスによってアルコール消毒の効果が望めない場合があるので、どのウィルスに的を絞るかによって対処方法が変わってくるので注意が必要です。

エンベロープウィルスにはアルコール消毒が効果的

出典:https://www.ac-illust.com

エンベロープの大部分は脂質から成るため、アルコール消毒により簡単に破壊することができます。

ウィルスを殺菌したり、ウィルスの活動を停止させて病原性をなくす作用が期待できるわけですね。これを、不活化といいます。

エンベロープウィルスは、アルコール消毒だけでなく、水や石鹸でも破壊することができるので、手洗いも有効になります。

例えば、インフルエンザが蔓延している時には手洗いだけでなく、身の回りのものをアルコール消毒することにより、手にインフルエンザウィルスが付着し鼻や目、口の粘膜を触ることにより感染する「接触感染」を防ぐことができます。

ノンエンベロープウィルスには次亜塩素酸が効果的

出典:https://www.ac-illust.com

 

ノンエンベロープウィルスは、エンベロープウィルスと比べてアルコールに対して強い抵抗力を持ちます。そのため、アルコール消毒ではウィルスの殺菌や活動の抑制に効果が期待できません。

そんなノンエンベロープウィルスには、次亜塩素酸が効果的です。代表的なもので言えば次亜塩素酸ナトリウムですね。次亜塩素酸ナトリウムは、ハイター等の漂白剤に使われているものです。

取り扱いには注意が必要ですが、強い殺菌力を持っているので、ほとんどのウィルスに効果を発揮してくれます。

ウィルス対策に効果的なアルコール消毒液とは

近年では、ノンエンベロープウィルスにも効果を発揮するアルコール消毒液が開発されています。アルコール消毒液のph値を酸性にすることで、ノンエンベロープウィルスにも効果が期待できます。

こちらは酸性アルコール消毒液なので、ノンエンベロープウィルスにも効果的です。もちろん、エンベロープウィルスにも効果的ですよ!

また、ジェルタイプなので手に付けてもこぼれる心配はなく、保湿成分が配合されているので、アルコール消毒液を使用することによる「手の乾燥」を和らげてくれます。

配合成分に注意を

アルコール消毒液は「エタノール」だけを使用しているわけではありません。中には「イソプラポノール」を使用している場合があります。

イソプラポノールはエタノールと同等の消毒効果があり、価格が安いメリットがありますが、匂いがきつく、脱脂効果が高いのため、手の皮脂を落としてしまい手が荒れやすい欠点があります。

匂いに敏感な方、手荒れが気になる方は、イソプラポノールが配合されているアルコール消毒液は避けた方がいいでしょう。

アルコール消毒液の自作はおすすめできない

出典:https://www.photo-ac.com

市販されているアルコール消毒液が手に入らない状況になると、自分でアルコール消毒液を作るケースがでてきます。個人的にはおすすめはできませんね。

理由は、十分な知識がなければ間違った作り方、間違った取り扱いをしてしまうからです。アルコール消毒液を作る際に使用する「エタノール」は、危険物に指定されています。

知識を持たない人が危険物を取り扱うと、重大な事故につながる可能性があるので、アルコール消毒液が必要であれば、市販されているものを使用するのが一番安全でしょう。

どうしても自作したいという場合は、必要な知識を身につけることが大切です。次の項目でアルコール消毒液を自作する際の注意点を紹介するので、参考にしてみてください!

【ウィルス対策】アルコール消毒液を作る際の注意点

出典:https://www.ac-illust.com

アルコール消毒液を作る際には「エタノール」を使用します。エタノールはアルコールの一種で、エチルアルコールとも呼ばれます。揮発性が高く、すぐに引火してしまう危険なものです。

また、濃度の高いアルコールであるため、吸引や誤って飲んだりすると急性アルコール中毒を引き起こす可能性があるでしょう。

蓋をしっかり締める、火気の傍で使用しない、顔にめがけて噴射しない、直射日光のあたらない涼しい場所で保管する、ということを守りましょう。

ありがちな勘違いとして、ウィルスが漂っているとして部屋中に噴射してしまうケースがあります。大気中に噴射しても消毒効果は望めないばかりか、吸引の危険があるので絶対にやめましょう!

エタノールとメタノールは効果が違うので注意

出典:https://www.photo-ac.com

同じアルコールの一種でメタノール(メチルアルコール)があります。「燃料用アルコール」の名前で売られていて、アルコールランプの燃料等に使用されていますね。

エタノールと比べて値段が安いという理由でメタノールを購入し、消毒用として利用しているケースが実際に起こっています。

「同じアルコールなんだからいいんじゃない?」と感じるかもしれませんが、人体に与える毒性が強く、多量の摂取でめまいや吐き気といった意識障害だけでなく、失明する危険があり、死亡するケースも発生しています。

間違ったではすまされない事態になる前に、アルコール消毒液を作る際は「メタノール」の使用は絶対にやめましょう!

【ウィルス対策】アルコール消毒液の作り方

「市販されているアルコール消毒液が品切れで手に入らない!」そんな時は、アルコール消毒液を自作することができます。前の項目で解説した注意点を参考にして、安全に作業してくださいね!

用意するものは「無水エタノール」「精製水」「容器」「アルコール対応容器」の3つです。

アルコール消毒液の作り方 100mlの場合
  1. 無水エタノール80mlを容器に入れる
  2. 精製水20mlを容器に入れる
  3. 混ぜ合わせる

※無水エタノールと精製水の割合は「4:1」と覚えておきましょう!

無水エタノールは水と合わさると容積が減ってしまう特徴があります。少し精製水を足すことでちょうどいい濃度になりますよ!

無水エタノールはそのままだと揮発しやすいため、手に吹きかけても消毒する前に蒸発してしまいます。精製水で希釈することにより蒸発しにくくなるので、アルコール成分が定着して消毒効果が望めるというわけです。

アルコール消毒はウィルス対策に効果的な手段の一つ

出典:https://www.photo-ac.com

アルコール消毒は、ウィルスにた対して高い効果を発揮してくれます。とはいえ、アルコール消毒だけでは完全にウィルスを防ぐことはできません。

揮発性が高いため、すみずみまで手の洗浄を行うことが難しいからです。手洗いをした後にアルコール消毒をするのが一番効果的ですよ!

マスクの着用や手洗いに関しても同様です。あくまでも、ウィルス感染を防ぐための手段の一つなので、組み合わせて行うことが重要です。

アルコール消毒液の買い占めは避けよう

出典:https://www.ac-illust.com

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、各地でアルコール消毒液が手に入らない状況になっています。入荷しても、人が殺到してすぐに売り切れてしまうようですね。

買い占めによって需要と供給が追いつかなくなってしまい、本当に必要な人・場所に行き渡らない事態になっています。

そのような人を狙って、ありえない価格で販売しているケースがあるので、価格が不自然に高騰している場合は絶対に購入しないでください。

また、買い求めるために殺到してできる行列は感染の拡大につながります。「1つあるけど予備として欲しい」という気持ちはわかりますが、本当に今すぐ必要なのでしょうか?

必要な人に行き渡らない、感染の拡大につながるなど、デメリットしかないため、不要な買い占めは避けるようにしたいですね。

まとめ

ウィルスの不活化に効果的なアルコール消毒ですが、ウィルスの種類によっては効果が望めない場合があります。ノロウィルスなどのノンエンベロープウィルスですね。

酸性アルコール消毒液であれば、ノンエンベロープウィルスにも効果的なのでおすすめです。

アルコール消毒液が手に入らないため自分で作る際には、危険物を取り扱うことを意識して、十分な注意を払いましょう。「メタノール」の使用は厳禁です!

アルコール消毒だけに頼らず、手洗いやマスクの着用といったことを組み合わせて、ウィルス感染から身を守りましょう。

災害・ウィルス対策には防塵マスクを!おすすめのアイテムも紹介この記事では、防塵マスクの性能について紹介しています。家庭用マスクとの違いや、災害用や花粉・ウィルス対策としてオススメする理由を解説していますよ!他にも、どれを選んでいいのかわからない方のために、災害用の備蓄にオススメの防塵マスクを紹介しているので、防塵マスクを選ぶ際の手助けになる内容になっています。...
RELATED POST