備蓄

【必要な備蓄量も】災害時に役立つおすすめのカセットコンロを紹介

この記事では、普段家事をしてる人に向けて、災害時に役立つオススメのカセットコンロを紹介しています。カセットコンロを備蓄したいけど種類やオススメが多すぎて絞り切れない、といった疑問を解消します。

他にも、カセットボンベの必要な備蓄量、保管方法や使用上の注意点、カセットコンロの意外な落とし穴も紹介しているのでチェックしてみてください!

出典https://www.photo-ac.com

カセットコンロを備蓄をする3つの理由

理由① 電気・ガスが使えない時の代わりになる

災害により電気・ガスが使用できなくなったら、ガスコンロとIHコンロが使用できなくなってしまいます。普段家事をしている人にとっては、調理をするうえでコンロの大切さは身に染みてわかりますよね。

カセットコンロはそんな状況でも使用できる唯一のコンロです。カセットボンベさえあればいつでも使えるのがカセットコンロの最大のメリットです。

調理はもちろんの事、湯沸かしにも使えます。特に寒い時期には温かいものが必要になります。あなたの作る温かい食事は、災害時に動揺している家族の心を落ち着かせてくれますよ!

理由② 災害時には誰でも必要になる

「普段料理をしないから関係ないや」と思っていても、非常食を温めたり、インスタント食品を作るためにお湯を沸かしたりと、使用する機会は必ず出てきます。

外食で済ませようとしても、そもそも災害時にお店は開いていないので自分でなんとかするしかないのが現実です。

料理をする・しない関係なくカセットコンロは、災害時において必ずあなたの役に立ちますよ!

理由③ その場では手に入らない

どの備蓄品でもそうですが、備蓄をする最大の理由ですね。2019年9月に発生した台風15号では千葉県を中心に甚大な被害を及ぼしたこともあり、翌月に発生した台風19号の際は、台風が直撃する前に買い物をする人がたくさんいました。

その中でもカセットコンロはすぐに品切れになるほどで、欲しいけど手に入らなかった人が大勢いたそうです。つまり、それほどカセットコンロを備蓄している人が少ないということですね。

前もって備蓄をしておけば、非常時に慌てることはありません。欲しいけど手に入らない、電気・ガスが使えなくなっても慌てずに対処できるようにカセットコンロを備蓄する必要があるのです。

カセットコンロとカセットボンベの使用期限

カセットコンロとカセットボンベには使用期限の目安があるのをご存知ですか?カセットコンロは製造日から10年、カセットボンベは製造日から7年を目安としています。

カセットコンロは、カセットボンベを装着する部分に「Oリング」と呼ばれるゴムが入っています。ガス漏れを防ぐためのものですが、経年劣化でOリングが破損・変形する恐れがあります。その目安が10年ですね。

カセットボンベは容器が安全に使用できる目安を7年としています。ですが、保管状況により錆が発生した場合は、ガス漏れの恐れがあるためカセットボンベの使用は絶対にやめましょう。

カセットコンロ・カセットボンベを備蓄している方はそれぞれの使用期限を確認して、使用期限が過ぎている場合は安全のため、買い替えを視野に入れてみてください。

災害時に役立つおすすめのカセットコンロはコレ!

Iwatani(イワタニ)から発売されている、『カセットフーBOex』です。

ポイント① 火力が強い

何と言っても「火力が強い」の一言です。カセットコンロはガスコンロと比べると、どうしても火力の面で劣ってしまいます。災害時に電気・ガスが使用できなくなるとコンロは使えません。

その場合、カセットコンロだけで調理をすることになります。一人分の食事ならまだしも、家族がいれば人数分用意しなくてはいけません。そうなると、ある程度の火力が必要になってきます。

例えば、カレーなど作りおきのできる料理では、作る量が多いほど水を必要とします。弱い火力では沸騰させるまでにかなりの時間が必要です。

強い火力は調理時間の短縮にもなります。ただでさえ災害時で戸惑っているのに「ご飯まだー?」と言われるとストレスが溜まりますよね。

ポイント② ガスコンロと比較

一般家庭で使われるガスコンロの最大火力は4.2kwです。一方『カセットフーBOex』の最大火力は4.1kwです。家庭で使用するガスコンロの火力と同等なのがわかりますね。

ちなみに、ガスコンロの中火は約3kwです。カセットコンロは2.9~3.5kwのものが多いので、ガスコンロの中火くらいの火力が一般的なカセットコンロの最大火力となります。

様々なカセットコンロの中で、最大火力4.1kwは『カセットフーBOex』だけです。災害時でもガスコンロと同等の性能で使用できる唯一のカセットコンロなので、違和感なく調理することができますよ!

おすすめのカセットコンロを実際に使ってみた感想

出典:https://www.ac-illust.com

試しにガスコンロと並べて最大火力を比べてみましたが、まったく一緒でした。実際に料理をしてみましたが、火力に関しては申し分ないです。

『カセットフーBOex』には「風よけ」があり、フライパンを振る時に邪魔になるかな?と感じたのですが、フライパンを振っても風よけにあたらないので、邪魔にはなりません。

他に気になった点として、調理中に地震が起きた場合の安全装置はあるのか調べてみましたが、市販されているカセットコンロには衝撃感知で消化する安全装置は付いていませんでした。着火時に振ってみましたが消えませんでした。(※絶対にマネしないでください)

地震の場合は余震が起こる可能性があります。ですので、災害時にはテーブルの上など安定する場所で調理するのが安全ですね。

カセットコンロには専用のケースが付属しているので、保管も持ち運びも楽です。災害が起きて電気・ガスが使えないことを考えると、備蓄しているだけでかなり安心できます。

ちなみに、屋外で使用するとカセットコンロの足が熱で溶ける、風よけの効果が弱いというレビューを目にしました。屋外で使用していないので何とも言えないのですが、家の中で使用している分には足が溶けることはなかったです。

ですので、屋外での使用する際は風よけを過信しないのと、火力を落とした方がいいかもしれません。アウトドアで使用する際には注意しましょう。

カセットボンベの必要な備蓄量

出典:https://www.ac-illust.com

気温が10℃で大人2人の場合、1週間で何本カセットボンベが必要か見てみましょう。

気温が10℃・大人2人の場合
  • 食事用 1日3回:0.7本
  • 飲み物用 1日3回:0.2本
  • 洗浄用 1日3回:0.4本
  • 合計1.3本×7日=9.1本

参考:岩谷産業株式会社 ホームページ よくあるご質問>カセットボンベ

参考元URL:http://www.i-cg.jp/support/faq/gas/

上記の条件をもとにすると、気温が10℃で大人1人の場合、1週間で約4.6本必要となります。ですが、カセットボンベは気温が低くなるにつれ、ガスの消費量が増えます。

真冬でさらに気温が低いことを考慮すると、大人1人当たり6本が必要な備蓄量です。3人家族であれば18本、5人家族であれば30本がカセットボンベの必要な備蓄量となります。

【意外な落とし穴!】カセットコンロは2台用意しておきたい

出典:https://www.ac-illust.com

電気・ガスが使えなくなると、カセットコンロのみで調理しなくてはいけません。想像してみてください、家庭にあるコンロ『一口だけ』で炊飯からおかずまで作るとしたら、どれほどの時間と手間が必要になるでしょう?

普段コンロでお米を炊くことのない「炊飯」が意外な落とし穴です。なので、おかず用のカセットコンロの他に、炊飯をするためのカセットコンロを1台備蓄することを強く勧めます。

炊飯用のカセットコンロは火力を重視しなくても問題ありません。『カセットフーBOex』と同じカセットボンベが使えれば、使いまわしができるので無駄がないですね。安価なものではこんなものがあります。

直火での炊飯って土鍋とか必要なんじゃない?と思うかもしれませんが、フライパンや片手鍋でも炊飯できます。無理に土鍋を用意する必要はないので安心してくださいね。

カセットコンロの使用上の注意点

出典:https://www.photo-ac.com

カセットコンロを使う上で注意したい点があります。一つは、大きすぎる鍋や鉄板を使用しないことです。

カセットボンベの上に被さるほどの大きな鉄板で調理した場合、鉄板の熱がカセットボンベへ伝わりカセットボンベが爆発する可能性があり大変危険です。実際、そのような事例もあったそうです。

もう一つは、錆びたカセットボンベは使用しないようにしましょう。長期間保存していると、条件によってカセットボンベが錆びてしまうことがあります。

「ガス漏れしてないし、もったいないから使ってしまおう」と考える気持ちはわかりますが、錆びた箇所は極度にもろくなります。使用している最中に穴が開いてガスが漏れて引火する危険があるので、絶対に錆びたカセットボンベを使用するのはやめましょう!

カセットボンベの保管上の注意点

syttrン:https://www.photo-ac.com

直射日光のあたらない、湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。除湿剤が置けるクローゼットや納戸がオススメです!

台所の床下収納は、浸水を考えると不安になります。キッチンは湿気の溜まりやすい場所なのでオススメできません。出し入れが多少面倒でも、クローゼットに保管しておくのが長期間の保管にいいでしょう。

また、カセットコンロにボンベをつけっぱなしにするのも、ガス漏れの原因となるのでやめましょう。

カセットボンベは専用のものを

出典:https://www.ac-illust.com

カセットボンベは様々なメーカーが販売しており、中には100均で買うこともできます。安いものを買いたくなりますが、カセットコンロに使うカセットボンベは専用のものを使用することをオススメします。

例えば、100均で売っているカセットボンベ。ボンベの注意書きに「専用のコンロ以外で使用しないで下さい」と書いてあるのに気が付いているでしょうか?

メーカーはカセットコンロが安全な商品なのかを検査する際に、カセットボンベとセットで検査します。検査で使用したカセットボンベがカセットコンロの専用のボンベとなります。

ですので、100均で売っているボンベにも必ずセットになる燃焼器具があります。セットじゃないボンベを使うとガス漏れや着火しないといった可能性があるので、必ず専用のカセットボンベを使用するようにしましょう。

当サイトで紹介しているカセットコンロで使用できるカセットボンベはこちらです。

ちなみに、他のメーカーのカセットボンベを装着しても使用することはできます。理由は、カセットボンベの容器はJIS規格で統一されているからです。

ですが、専用のボンベ以外のものを使用して故障や事故が起きてもメーカーの保証外となります。自己責任となってしまうので、お勧めはできません。

まとめ

今回紹介した災害時に役立つカセットコンロはこちらです。

家庭で使用しているガスコンロと同等の火力をだせるので、普段と変わりなく料理できるのがポイントです!

また、電気・ガスが使えなくても炊飯ができるように、もう一台カセットコンロを備蓄しておくことをオススメします。『カセットフーBOex』と同じカセットボンベが使えれば、カセットボンベの使いまわしができるので無駄がありません。

本体だけ揃えてもカセットボンベがないと使用できません。カセットボンベの必要な備蓄量は、1週間で大人1人当たり6本です。忘れずに家族分の量を備蓄して、除湿剤の置けるクローゼットや納戸に保管しておくようにしましょう。

災害対策の備蓄として必ず揃えておきたいものの一つであるカセットコンロ。その時になってから揃えようとしても手遅れになる可能性は高いです。ですので、いざという時に慌てないために備蓄をすることが大切です。

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト災害対策に必要な備蓄品をリストアップしました。必要な備蓄品をザックリとチェックできますよ!必要な備蓄品を個別に説明するページにもアクセスできるので、必要な備蓄品を確認したい方は、こちらの記事から読み始めてください!...