津波

【警戒すべき地震】南海トラフ地震の規模と被害は?対策も併せて解説

地震大国である日本では、過去に甚大な被害をもたらした地震が繰り返し発生しています。その中の1つが南海トラフで発生する巨大地震です。

この記事では、現在警戒されている南海トラフで発生する巨大地震について取り上げています。

南海トラフ地震とは何なのか、地震や津波の規模はどれくらいなのか、発生した際に想定される被害を解説しています。

他にも、南海トラフ地震の過去の記録や、東日本大震災で被災した経験をもとにした地震への備えを紹介しているので、対策をするうえで役立つ内容になっています。

出典:https://www.photo-ac.com/

南海トラフ地震とは

フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界にある南海トラフを震源域とした巨大地震のことです。

この南海トラフを震源域とした巨大地震は、約100~150年周期で繰り返し発生しているもので、過去には幾度となく甚大な被害をもたらしてきました。

なぜ近年になって注目されているのかというと、前回の南海トラフ地震(昭和東南海地震(1944年)・昭和東海地震(1946年))から70年以上が経過しており、発生周期に近づいているからなんですね。

南海トラフで発生する巨大地震で想定される地震の規模

出典:https://www.photo-ac.com/

南海トラフで発生する巨大地震では「マグニチュード8を超える地震」となることが予想されています。

マグニチュード8ってどれくらいの地震?

大正12年に発生した、死者・行方不明者が10万人を超える大災害となった関東大震災がマグニチュード7.9です。

この地震により静岡県から宮崎県の一部では震度7、周辺の地域では震度6弱~震度6強の非常に強い揺れとなることが予想されています。

道路の損壊、地割れ、建物の損壊、液状化、がけ崩れといった被害が起こり得ますね。また、電柱・下水管・水道管・ガス管の破損も予想されます。ライフラインがストップする可能性は非常に高いでしょう。

南海トラフで発生する巨大地震で想定される津波の高さ

出典:https://www.photo-ac.com/

南海トラフで発生する巨大地震では津波の発生が予想されています。津波の襲来が予想される地域は関東から九州までと広範囲にわたり、特に太平洋に面した地域では10mを超える津波が予想されます。

具体的には、千葉県・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・和歌山県・徳島県・愛媛県・高知県・宮崎県・大分県・鹿児島県ですね。震源地や潮位・地震による地盤沈下によって被害が大きくなる可能性があるので注意しましょう。

参考:内閣府 防災情報のページ ー津波断層モデルと津波高・浸水域等についてー
参考元URL:http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/taisaku/pdf/20120829_2nd_report01.pdf

南海トラフ地震による人・建物の被害は、津波によるものがほとんどと推測できます。実際、東日本大震災では犠牲者の9割が津波によるものでした。

10mを超える津波が襲来すれば、町一つが壊滅状態となります。僕が住んでいたところは10m以上の津波が押し寄せた結果、何もなくなってしまいました。

南海トラフ地震では東日本大震災と同等の津波が押し寄せる可能性があります。もう一度言いますが、太平洋に面した地域では10mを超える津波が予想されるので、津波への対策は必ず行いましょう!

南海トラフで発生する巨大地震で想定される被害

出典:https://www.photo-ac.com/

ここでは、南海トラフで発生する巨大地震により想定される被害を紹介していきます。当サイトでは「最悪の事態を想定して災害対策をする」ことを勧めているので、一番被害の大きい状況での予想となります。

南海トラフ地震による人的被害(状況:冬場・深夜)
建物倒壊による死者 約82000人
津波による死者(早期避難率低) 約230000人
その他(火災等) 約11000人
合計 約323000人
南海トラフ地震による建物被害(状況:冬場・夕方)
揺れによる全壊 約1346000棟
津波による全壊 約154000棟
地震火災による焼失 約746000棟
その他(液状化等) 約140000棟
合計 約2386000棟

参考:内閣府 防災情報のページ 南海トラフ巨大地震の被害想定について
参考元URL:http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/taisaku_wg/pdf/1_sanko2.pdf

ここで紹介した予想は、あくまでも最悪の事態です。個々が地震や津波への対策を練ることにより、被害を大幅に減らすことができますよ!

近年、地震だけでなく台風による大規模な災害が多発していることもあり、災害に対する関心が強まってきています。ですので、上記の予想よりも被害は少なくなると僕は感じています。

当サイトでは、東日本大震災で被災した経験をもとに災害への対策方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

南海トラフで過去に発生した巨大地震

出典:https://www.photo-ac.com/

ここでは、過去に南海トラフで発生した巨大地震を振り返ります。どれくらいの周期で、どれくらいの地震の規模だったのか見ていきましょう。

年月日 名称 地震の規模
(マグニチュード)
周期
684年11月29日 白鳳地震 M8 1/4
887年8月26日 仁和地震 M8 1/4 203年
1096年12月17日
1099年2月22日
康和地震
永長地震
M8.0~8.5
M8.0~8.3
209年
1361年8月3日 正平地震 M8 1/4~8.5 262年
1498年9月20日 明応地震 M8.2~8.4 137年
1605年2月3日 慶長地震 M7.9 107年
1707年10月28日 宝永地震 M8.6 102年
1854年12月23日
1854年12月24日
安政東海地震
安政南海地震
M8.4
M8.4
147年
1944年12月7日
1946年12月21日
昭和東南海地震
昭和南海地震
M7.9
M8.0
90年

ここで紹介しているのは記録上確認できている地震なので、684年以前にも南海トラフ地震が発生している可能性があります。また、地震の規模は推定値なのであしからず。

注目したいのは1361年以降です。周期が200年ほどだったのが100~150年と短くなっていますね。最近発生したのは1946年、現在は2020年なので74年が経過していることになります。

周期は目安ですが、警戒してもおかしくない時期にきているということですね。そして、いずれもマグニチュード8クラスの巨大地震となっていることにも注目しましょう。

南海トラフで発生する巨大地震に備えて

いつでも避難できる体制を整えておくことが重要です。地震だけでなく、津波が襲ってくることを前提とした避難計画を立てましょう。具体的な対策を状況別に解説していきますね。

津波

出典:https://www.photo-ac.com/

東日本大震災の際には30分ほどで津波が押し寄せてきました。ですので、津波からの避難は時間との勝負になります。防災グッズを用意している暇はありません。というか、避難の邪魔になるので逃げることだけを考えましょう!

そして、避難する際には「より遠い場所」ではなく「より高い場所」を目指して避難することがポイントとなります。特に10mを超える津波が予想される地域では、避難場所を決めておきましょう。

津波対策に関しては「津波対策で個人ができることは?避難に役立つポイントと併せて解説」の記事で詳しく解説しているのでチェックしてください。

津波は災害後にも大きな爪痕を残します。その最たる例が「住宅ローン」ではないでしょうか。津波により住宅が全壊してしまい、ローンだけが残ったとういう事例は少なくありません。

加えて、新しい住居を探すためにお金が必要になるでしょう。場合によっては「二重ローン」になる場合があります。そんな状況で助けとなるのが「地震保険」です。

その時になって「入っておけばよかった」と後悔しても手遅れです。また、給付金だけでは賄えない問題でもあるので、もしもの時に備えて保険の在り方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

ダイレクト系火災保険では時間を気にせず、Webのみでの手続きが完了可能ですが、本当に最適な保険を選ぶには知識が必要なこともあります。
住宅本舗の火災保険一括見積もりサービスなら保険プランナーが居住地域で異なる災害の種類などを考慮し、適切なプランを設計してくれます。

地震

出典:https://www.photo-ac.com/

地震からの避難は初動が重要になります。南海トラフ地震が発生する場合には、緊急地震速報が発表されるはずです。そこから数十秒で揺れが始まり、さらに数秒で大きな揺れとなることが予想されます。

大きな揺れが始まるまでに避難しなくてはなりません。大きな揺れになると移動どころの話ではなくなってしまうので・・・。

避難のポイントとして、住宅の場合は窓ガラスや倒れてきそうな家具から離れましょう。落下物から頭部を守るために、机の下にもぐることも有効です。

屋外の場合は窓ガラスの破片や看板の落下に注意しましょう。丈夫な建物(大型の商業施設やビル)があれば、建物の中に避難した方が安全です。

緊急地震速報に備えた避難に関しては「【訓練が面倒と感じる方でも】緊急地震速報に備えた避難の訓練を紹介」の記事を参考にしてください。

その他の被害

出典:https://www.photo-ac.com/

気になるのは「原発」ですよね。東日本大震災では絶対安全とまで言われた福島第一原発が被災しました。

南海トラフ地震の範囲での原発といえば「浜岡原発(静岡県御前崎市)」です。想定外の事態というのは起こり得るもの、覚悟はしておくべきでしょう。

とはいえ、原発が被災してしまったらどうする事もできません。「じゃあ覚悟ってなんなの?」と疑問に思うでしょう。

地元を離れる覚悟という意味です。原発だけでなく、被災した場所によっては壊滅的な被害を受ける地域があるでしょう。今後の生活のために、地元を離れる可能性があることを覚悟しておきましょう。

災害後

出典:https://www.photo-ac.com/

災害が発生した際の避難も重要ですが、災害後の生活も重要になります。被災地では物を求める人が殺到して、あらゆるものが手に入らなくなります。食品や日用品などですね。

加えて、電気・ガス・水道といったライフラインがストップします。そんな状況で役に立つのが備蓄品です。

当サイトでは激甚災害を想定して最低でも1週間分以上の備蓄を推奨しています。正直な話、1週間分でも間に合わないと感じていますが、保管場所には限界はありますからね。

備蓄に関しても、その時になってから始めても手遅れとなります。「通販を使えばいいじゃん」と感じるかもしれませんが、被災地では物流がストップする可能性があります。

実際、東日本大震災の際、僕の住んでいたところでは宅配ができない状況でした。ですので、日常から備蓄を始めることが大切になります。

どんなものを備蓄すればいいのかわからない方は「必要な備蓄品リスト」を参考にしてください。東日本大震災で被災した経験をもとに、実際に役に立ったものや「こんなものがあれば良かった」というものをピックアップしています。

まとめ

今後発生が予想される南海トラフ地震。2020年の時点で最近の南海トラフ地震から74年が経過しているため、警戒が必要な時期となっています。

マグニチュード8を超える巨大地震、10mを超える津波の発生により甚大な被害になると予想されています。

ですが、地震や津波に備えた対策をしっかり行うことで被害を大幅に減らすことができるでしょう。

災害への対策は日常から行うことが重要です。その時になってからでは手遅れとなってしまうので、現状の災害対策は十分なのか見つめ直してみてはいかがでしょうか。

地震に備えて出来ること ~東日本大震災での体験談をもとに~この記事では、僕が東日本大震災で被災した時の体験談をもとに、地震に備えた対策を紹介しています。避難生活の時に役に立ったもの、自然災害に対する考え方、災害後の生活に焦点をあてて解説しているので、被災した状況を知ることができる内容になっています。...
RELATED POST