備蓄

【非常用に】簡易トイレの重要性とは?凝固剤の使い方や備蓄量も解説

災害時のトイレ問題、あなたは何か対策をしていますか?毎日何気なく使用しているトイレ、そのトイレが災害により使えなくなってしまったら・・・。

この記事では、簡易トイレを備蓄していない方に向けて、簡易トイレの重要性を解説しています。実際に起こった事例を用いて解説しているので、自分がそうなってしまった事を想像してみると、簡易トイレの重要性が理解しやすいです。

他にも、必要な備蓄量やおすすめの簡易トイレの使い方を、画像付きで解りやすく説明しているので、使い方がわからないという方でも、安心して使用することができる内容となっています。

出典https://www.photo-ac.com

非常用に簡易トイレを備蓄する理由

ここでは、トイレが使えなくなる状況や、過去に発生した災害時のトイレ問題を解説しています。

災害時のトイレ問題は、これから先も必ず起こる問題です。自分が同じ状況になった事を想像しながら読んでみると、簡易トイレの重要性が理解しやすいですね。

トイレが使えなくなる状況とは

出典:https://www.photo-ac.com/

地震・津波・洪水によって、下水管の破損や処理施設内の設備が破損すると、生活排水が正常に流れていかなくなるので、トイレなどの生活排水を流すことができません。

正確には流すことはできるのですが、生活排水は処理施設へと行かずに街中に溢れてしまいます。溢れた汚水は、乾燥すると粉塵となって空中を漂い、知らず知らずのうちに吸引してしまいます。

場合によっては感染症を引き起こしたり、ガレキで傷を負った場合には破傷風になる可能性があるため、不衛生な状況をつくらないよう、下水道が復旧するまではトイレの使用はやめるようにしましょう。

また、地震などにより家庭にある排水管が破損してしまったり、断水になってもトイレが使用できなくなります。

実際に起こった災害時のトイレ問題

出典:https://www.photo-ac.com

実際に被災した地域では、各自治体で仮設トイレを設置してくれます。避難所にいる方や、トイレが使えない家庭にとっては大変助かります。

ですが、仮設トイレの数が限られているため長蛇の列ができたり、汲み取りが間に合わず仮設トイレのタンクがいっぱいになり、使用できないといった状況が起こりました。中には、トイレを使用するのをためらうほど汚れていた場所もあったほどです。

このような問題が起こった事で、トイレの回数を減らすために水や食事を摂らず、体調を崩す事例がありました。

また、過去の災害では、仮設トイレに入った女性を狙った性犯罪が実際に起こりました。考えたくありませんが、被災者を狙った犯罪は少なくないのが現実です。

簡易トイレの重要性

出典:https://www.photo-ac.com/

家で用を足すことは、プライバシーを守れるだけでなく、上記で紹介したような性犯罪から身を守ることにもつながります。

簡易トイレがあれば、洪水や断水等でトイレが使用できない時でも、下水道を使用せずに用を足すことができるので、衛生面に影響を与えることはありません。

また、住宅のトイレが無事なら簡易トイレを使用することができるので、災害時に自宅で用を足す人が増えれば、仮設トイレの利用者が減ります。

すると、住宅が被災してトイレが使えないような、本当に仮設トイレを必要としている方々が、長い列やタンクの容量に悩む可能性が減るので、様々な面でメリットがあるわけですね。

おすすめの簡易トイレは凝固剤で固めるタイプ

簡易トイレと聞くと、ダンボール製の仮設トイレ?と思うかもしれませんが、便器にビニールを被せるだけなので、自宅のトイレをそのまま利用することができます。

吸水シートタイプなど、様々な種類がありますが、当サイトでは「凝固剤タイプ」を勧めています。

こちらは100回分で1セットになったものです。中身は凝固剤とビニール袋しか入っていないので、梱包は小さいです。

ティッシュペーパーの箱4つ分ほどの大きさなので、収納の場所をとりません。使用期限は10年と長いのもオススメのポイントです。

箱の中を見るとこんなんで大丈夫なの?と不安になりますが、実際に使用してみたらあまりの効果に本気で感動してしまいました。「簡易トイレの使い方」の項目では画像を使って解説しているので効果のほどをチェックしてみてください!

それと、非常用トイレに付属してあるビニール袋だけでは防臭や衛生面で不安になります。ですので、防臭袋を併せて揃えておくことを勧めます。

LLサイズとありますが、そんなに大きくない感じがしました。スーパーのレジでもらうMサイズのビニール袋くらいの大きさでしょうか、使用済みの非常用トイレ3回分で袋がいっぱいになります。

もう少し大きい袋だと嬉しいのですが、その不満を帳消しにするほど効果は抜群です!面白いほど匂いがしません。菌も漏らさない仕様なので、衛生面でも安心ですね。ペットの排泄物を入れたり、おむつの処理にも使えます。

ちなみに、非常用トイレと防臭袋がセットになったものがありますが、別々に買った方が安いです。

こちらは仮設トイレが付属したものです。これは河川の氾濫で浸水する可能性のある場合ですが、2階にトイレがない家庭だと、1階が浸水したらトイレが使用できなくなってしまいます。

仮設トイレを備蓄しておけば、2階に設置して用を足すことができるので、仮設トイレを備蓄するというのも一つの手です。仮設トイレはコンパクトに折り畳めるので、収納の場所をとりません。

足腰の悪い方だとベッドの脇に置けばトイレの移動が楽ですし、車に積めば渋滞時に催した時に使用できるなど、災害時以外にも使えます。

非常用に使用する簡易トイレの必要な備蓄量

一般的な成人の場合、一日5~6回が排泄する回数とされています。ですが、高齢であったり、冬場の寒い季節には排泄回数が増えるものです。

ですので、一人あたり1日10回分を目安とするのがいいでしょう。当サイトでは、激甚災害を想定して一週間分の備蓄を推奨しているので、必要な備蓄量は一人当たり70回分となります。

非常用トイレの備蓄量の例
  • 1人当たり・・・10回分(1日)✕7日=70回分
  • 3人家族の場合(乳児を除く)・・・70回分(1人当たり)✕3人=210回分

【掃除が楽】簡易トイレを使用する前の準備

出典:https://www.photo-ac.com/

便器には水が貯まっているので、使用する袋を取り付けると底が濡れてしまい、片付ける時に床を汚す可能性があります。

ですので、あらかじめ便器に一枚袋をかぶせて、その上に使用する袋を被せれば袋が濡れることはありません。最初の一枚を被せたままにしておけば、次に使う袋からは濡れる心配がないので片付けが楽になります。

ちなみに、便器に貯まってある水は邪魔でも抜かないようにしましょう。「トラップ」といって、排水管から出るイヤな匂いを止めているものなので、水がないと排水管のイヤな匂いが家中に充満してしまいます。

簡易トイレの使い方は?凝固剤の効果と使用方法

用意するもの:簡易トイレに付属してある袋と凝固剤のみ ※今回は防臭袋も一緒に使用しています。

1・前の項目でも説明したように、ゴミ捨て用のポリ袋でもいいので、一枚便座の上から便器に被せましょう。 ※一枚目の袋は使用後も被せっぱなしにしておきましょう。

2・非常用トイレに付属してある袋を先程と同じように便座の上から便器に被せます。この時点で、便器には袋が二枚被さっているはずです。

3・用を足す前に付属の凝固剤を入れます。※用を足した後だと、紙を使用した場合に紙が邪魔になってしまい、うまく凝固しません。

4・用を足すと、30秒ほどで固まってきます。上の画像は水が固まっている途中で、下の画像は水が完全に固まった後です。 ※今回は水を500ml入れました。

5・排泄物が固まったら、便器から袋を取り出して縛ります。縛る前に、縛り口を捻じってから縛ると匂いが漏れにくいです。 ※今回は防臭袋を使用しているので、二重にしてあります。

6・そのまま可燃ゴミとして捨てましょう。※各地方自治体の条例に従ってください。

【凝固剤に感動!】簡易トイレを実際に使用した感想

使用したのは簡易トイレと防臭袋です。小と大の両方で使用してみました。まず、小の方ですが用を足して30秒ほどで完全に固まりました。水っぽさもなく完全にゼリー状です。匂いも気になりませんでした。

ただ、普段用を足している時と比べると尿ハネが大きいかな。と感じました。袋にあたっているのでしょうがないことなのですが、勢いよく用を足すとお尻が大変なことになりそうなので注意が必要です。

続いて大の方ですが、用を足し始めの頃はさすがに匂いがします。ですが、時間がたって凝固すると驚くほど匂いがなくなりました。感動です。

今回は携帯用ウォシュレットも併せて使用したのですが、携帯用ウォシュレットの180ml分の水もしっかり凝固しました。ただ、付属している袋一枚だけだと防臭や強度で心もとない気がします。やはり、防臭袋で二重梱包した方が安心ですね!

使用した感想としては、使用後の匂いはなく、設置する手間も少なく非常に満足です。特に匂いがほとんどしないのには驚きました。家で用を足せるのはとても安心できますね!

まとめ

災害時におけるトイレ事情は深刻な問題の一つです。生理現象だからこそ、きちんと災害に備えた対策をする必要があります。

また、簡易トイレを使用することで、防犯・衛生面で大きなメリットがあります。実際に使用してみましたが、使用後の匂いはなく、設置の手間も少なく、トイレが使えないことを考えると非常に満足のいくものです。

臭いに敏感な方は、防臭袋を併せて揃えると、臭いに悩まされることはありません。状況に応じて仮設トイレを備蓄するのも有効ですね。

簡易トイレの必要な備蓄量は、一人当たり70回分(一週間分)なので、家族分の備蓄をして災害に備えるようにしましょう。簡易トイレは、当サイトで紹介している備蓄品の中でも、必ず備蓄しておきたいものの一つです。

【被災経験をもとに】災害に備えて揃えておきたい備蓄品のリストこの記事では、東日本大震災で被災した時に役立ったもの、「こんなものがあれば良かった」というものをリストアップしたものです。 いざ備蓄をしようとしても、実際に経験しないと、どれが必要なものなのかわからないものです。この記事では、そんな悩みを解消する内容になっています。...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です