自然災害

【その症状は大丈夫?】熱中症のサインにはどんなものがあるの?

気温の上昇に伴い、命に関わるような猛暑日が連日のように続いています。生活している中で「あれ?体の様子がおかしいな。」と感じることはありませんか?知らない間に熱中症の症状があらわれているかもしれません。

この記事では、熱中症になった時にあらわれる体のサインについて解説しています。軽症・中等症・重症と3段階に分けているので、自分の症状がどの程度なのか判断することができます。

他にも、熱中症のサインがでた時の対処法や、熱中症になる可能性を減らすための方法を紹介しており、熱中症から身を守るために役立つ内容になっているので、暑い季節をのりこえるため当記事を役立ててください!

出典:https://www.photo-ac.com/

熱中症のサイン【Ⅰ度(軽症)】

出典:https://www.ac-illust.com/

軽症は現場で対応できる症状となります。この症状が現れた時点で無理せず休憩や休息をとることを勧めます。ということで、熱中症における軽症の症状を見ていきましょう。

筋肉の痙攣

足がつったり、脇腹がつったり、指がつったり・・・。体中のいたるところの筋肉が緊張したり硬直することで痙攣をおこします。「熱痙攣」ともいいますね。

汗を大量にかくことによる脱水症状や、水分だけを過剰に摂取することで体内のナトリウム(塩分)が不足し、電解質のバランスが崩れることによって起こります。

また、急激に体温を冷やすことでも起こります。熱中症で気分の悪い時にエアコンの風を浴びたり、温度の低いシャワーを浴びたりした時に体の一部がつったことはありませんか?

これは、体を急激に冷やすことで血行が悪くなるためです。加えて、熱中症により体内の血のめぐりが悪い状態となっているので、なおさら痙攣しやすいということですね。

めまい

体の中にある熱を逃がす際に、皮膚の下にある血管は拡張し血流を増やすことで体内の熱を逃がしやすくします。暑い時に顔が赤くなったり体が赤くなったりするのはこのためですね。

ですが、この状態が長く続くと体中を流れている血液に量が足りなくなり一時的に血圧が低下していきます。

本来であれば脳には十分な血液が流れているのですが、熱を逃がすため全身に血液が流れているので脳へ送られる血液の量が減ってしまいます。

すると、酸欠状態となって呼吸の回数が増えたり、脈の変化やめまいといった症状が起こるのです。「熱失神」ともいいます。

大量の発汗

体温調節のバランスが崩れてきているということですね。大量に発汗することにより脱水症状となり、上記の症状を引き起こします。

いくら汗を拭いても止まらないといった異常な発汗が見られた場合には、熱中症を疑いましょう。

また、大量の発汗は中等症へと発展する症状のため、危険な状態であることを認識しておきましょう。

熱中症のサイン【Ⅱ度(中等症)】

出典:https://www.ac-illust.com/

大量の発汗により脱水症状がさらに進むと、頭痛や吐き気、嘔吐、全身の倦怠感、虚脱感といった症状があらわれます。水分と塩分が不足しているために起こる症状ですね。「熱疲労」ともいいます。

中等症の症状があらわれた際には、病院での治療が必要となります。症状が改善しない場合や、自分で水分や塩分の補給が困難な場合には、病院での受診を強く勧めます。

注意力や集中力の低下といった軽い意識障害や、皮膚が冷たいのに発汗があるといった症状も見られるので、いつもと様子がおかしいかな?と感じたら早めの受診を心掛けましょう。

熱中症のサイン【Ⅲ度(重症)】

出典:https://www.ac-illust.com/

体温調節機能が働くなくなると体内の熱が排出されなくなり、熱がこもった状態になります。こもった熱は脳に影響を及ぼし、呼び掛けても反応しない、全身の痙攣、まっすぐ歩くことができないといった症状があらわれます。

命に関わる状態なので、直ちに病院への搬送が必要です。自分ではどうしようもない状態となるので、周りでこのような症状の方がいた場合には手を差し伸べましょう。

重度の熱中症となると「熱射病」と呼ばれ、体温が40℃近くまであるにも関わらず、発汗はなく皮膚が乾燥している状態となります。

重症になると、一命をとりとめても脳や肝臓、腎臓に後遺症が残る場合があり、最悪の場合死に至ります。

熱中症のサインがでた時の対処

ここでは、熱中症かな?と感じた時に自分でできる対処法を紹介しています。早めの対処を心掛け、重症化を防ぎましょう!

水分・塩分の補給

出典:https://www.ac-illust.com/

汗をかくということは、体内の水分と塩分がなくなってしまうということです。ですので、水分だけでなく塩分も一緒に補給しましょう。

ちなみに、水分ばかり補給してしまうと低ナトリウム血症となり、下痢や熱中症の症状を悪化させてしまう原因となってしまうので、塩分も忘れずに補給しましょう。

塩飴やタブレット、梅干し等の気軽に食べることのできるものを用意しておくと対処しやすいです。毎日の食事で塩分を摂取しておくこともできますよ!

中には高血圧のため塩分の摂取を控えている方もいるでしょう。そのような場合には、医師と相談して適切に塩分を摂取するようにしてください。

風通しの良い涼しい場所へ避難

出典:https://www.ac-illust.com/

熱中症は体温を下げることが重要になります。ですので、エアコンのある場所だったり、屋外にいる時には風通しの良い日陰へと避難するようにしましょう。近くにコンビニやスーパーなどがあれば避難するのもアリです。

軽症であれば、急激に体温を下げるのではなくゆっくりと体温を下げていきましょう。体中がつってしまうのでエライ目にあいます。

着替える

出典:https://www.ac-illust.com/

汗で濡れた衣服は通気性がなくなってしまうため、発汗による熱の排出ができなくなってしまいます。なにより、濡れた衣服を身につけていると不快感が増して精神衛生上よくありませんよね。

着替えることで気分をリフレッシュさせるだけでなく、体内の熱を排出させることができるため熱中症対策になるのです。

着替えを持ち歩いておけば、外出先でもトイレの個室などを利用して着替えることができますよ!

熱中症のサインがでる前に対策を

熱中症になりやすい時期だからこそ、前もって対策をしておくことが重要になります。ここでは、熱中症を防ぐための対策を紹介していきますね!

体調管理

出典:https://www.ac-illust.com/

体調の悪い時は熱中症になりやすいもの、だからこそ体調管理は非常に重要となります。病気と一緒ですね。

バランスの偏った食事をとらない、しっかり食べるようにしましょう。食事は塩分の補給にもなるので熱中症対策になります。

また、睡眠をしっかりとることも重要です。体力を消耗しやすい時期だからこそ、十分な休息をとりましょう。

暑さに備えた準備

出典:https://www.ac-illust.com/

冷却グッズや着替え、水分と塩分が補給できるものを前もって準備しておきましょう。そうすることで熱中症になった時でも早い対処が可能となります。特に外で活動する時には準備しておくことを強く勧めます。

また、天気予報をチェックすることも対策として有効です。熱中症になる可能性があるか予測できますからね。

注目するポイントは気温と湿度です。気温が30℃を超える場合、気温が30℃を下回っても湿度が80%以上であれば熱中症になる可能性は高まります。

屋内にいる場合には、エアコンや扇風機、除湿器を活用して快適な環境を保つようにしましょう。

災害時に備えた熱中症対策

出典:https://www.ac-illust.com/

忘れてはならないのが、災害により停電となった場合の熱中症対策です。電気が使用できない夏場は熱中症の患者が激増することが容易に想像できます。

大規模な災害となると病院が機能しなくなる可能性があるので、熱中症になったとしても十分な治療を受けることができないでしょう。

また、冷却グッズ等を買いに行ったところで売り切れている可能性が非常に高いです。被災地では買い求める人が殺到するのと、災害により物流が停滞するためですね。

その時になって慌てないよう、日常から熱中症に備えたものを備蓄しておくことで、災害時でも熱中症対策をすることができます。

まとめ

熱中症といっても症状は様々です。軽症であれば筋肉の痙攣やめまい、中等症であれば頭痛や吐き気、全身の倦怠感、重症であれば重度の意識障害や全身の痙攣といった具合ですね。

熱中症の症状が治まらなかったり、中等症の症状があらわれた際には、早めに病院へ行き受診しましょう。

また、熱中症への対策をすることも大切です。体調の管理や冷却グッズ、水分と塩分が補給できるものを用意しておけば、熱中症になる可能性を減らすことができます。

熱中症は屋外だけでなく屋内でも発症するので、気温や湿度に気を配りながら暑い季節をのりきっていきましょう。

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト災害対策に必要な備蓄品をリストアップしました。必要な備蓄品をザックリとチェックできますよ!必要な備蓄品を個別に説明するページにもアクセスできるので、必要な備蓄品を確認したい方は、こちらの記事から読み始めてください!...
RELATED POST