台風

【波の生い立ち】高波が発生するメカニズムと起こりやすい時期を解説

日本だけでなく、世界各地で甚大な被害をもたらす高波。どうして異常な高さの波が発生するのか気になりますよね。

この記事では、高波が発生するメカニズムについて解説しています。そもそも波はどのようにして生じるのか、どうして高波となるのか解説しているので、高波について理解を深めることができます。

また、高波の起こりやすい時期や条件についても解説しているので、高波=台風というイメージを持っている方は注目してみてください。

出典:https://www.photo-ac.com/

風浪とうねり

高波とは、その名の通り「高い波」の事を指します。ここでは、高波の原因となる「風浪」と「うねり」について解説していきましょう。

風浪

風浪とは、海上で吹く風によって生じる波のことです。風と海面の摩擦によって波立つもので、波ができる最も一般的な原因とされていますね。

風浪は風の吹く方向に方向に進んでいき、風の強さによって波の進む速さ(波速)や波の高さ(波高)が変わってきます。

風速が波速より大きいほど、波は風に押されるので大きな波へと発達していくわけです。ただし、強い風の場合は先に波が砕けてしまい、発達が止まってしまうことがあります。

波の形状は不規則で尖っており、強風の際には白波が立つことがあります。これは、波の頂点部の水が風によって飛ばされるためですね。

うねり

風浪が風の吹かない場所まで進んだり、風が弱まった等の理由で、風による発達がなくなった後に残った波のことをうねりといいます。

うねりは規則的で丸みを帯びた形状をしており、数百kmもの長距離を少しずつ勢いを衰えながら伝わっていく特徴があります。

穏やかな波に見えるうねりですが、風浪と比べてゆったりしたと長い波であるため、浅瀬の海岸付近では海底の影響によって高い波になりやすい性質があるので注意が必要です。

海の波は風浪とうねりが混同しており、これらをまとめて「波浪」と呼んでいます。波浪注意報・警報は高波に関する気象情報なんですね。

台風に伴う高潮の際には高波にも注意!

台風や発達した低気圧により、異常な潮位の上昇となるが高潮です。高潮と高波が同時に起こることで、堤防を越えるほどの高い波となり、浸水被害を引き起こします。

台風の移動に伴い周囲には次々と波が生じ、その波はうねりとなって押し寄せます。台風の中心地では強風となっているため、押し寄せたうねりと風浪がぶつかったり、うねりが風の流れに乗ることで高波となるのです。

台風は高波が発生しやすい条件を満たしているだけでなく、高潮によって威力を増幅させるので注意が必要です。

高波が起こるのは台風の時だけではない

季節によって気圧配置が変わることで、時に強い風が吹くことがあります。季節風と呼んだりしますね。

特に、日本付近から見て西側が高気圧、東側が低気圧となる「冬型の気圧配置」により、日本海沿岸部では強風となる場合があり、この強風によって高波が発生します。

台風だけでなく、季節風によって生じた高波でも、大きな被害をもたらすことがあります。

土用波

「お盆の時期に海に入ると足を引っ張られてあの世に連れていかれる」という言葉をばっちゃから聞いたことはありませんか?ただの迷信と感じてしまうかもしれませんが、この言葉にはちゃんと理由があるのです。

その理由の1つとされているのが「土用波」と呼ばれるものですね。この時期には遥か南方の海域で台風が発生しやすく、台風に伴って生じた波がうねりとなって海岸まで押し寄せるというものです。

うねりがいくつも重なることで大きな波となり、海岸という浅瀬の地形が波を増幅させ、大潮により潮位が上昇する、という悪循環が重なることで突然の高波となります。

土用波は海水浴のピークの時期だけでなく、潮位の上昇が大きい「大潮」と重なるため、水難事故を招きやすいのです。

科学が発展していない時代にこうした迷信を残すとは、先人の方々は高性能ですね。たとえ天気が穏やかだったとしても、土用波のような突然の高波が襲ってくることがあるため、この時期の遠方で発生した台風には注意が必要です。

高波のおそれがある場合には海岸には近づかない

出典:https://pixabay.com/

サーフィン・釣り・海岸の様子を見に行ったりと、高波のおそれがある時に海岸付近へ行き、高波にさらわれる事例は少なくありません。高波は車を簡単に動かせるほどの威力なので、人が波にさらわれたらどうすることもできないのです。

また、波に飲まれるとパニックになってしまい、方向感覚がわからなくなることで水面に浮かび上がることができず、溺死してしまうケースがあります。

どのような理由であれ、高波のおそれがある場合には海岸付近には近寄らないようにしましょう。

特に台風の接近前や通過した直後は、そこまで天気が荒れていないために気を抜いてしまいがち。そのような状況下でも、高波はいきなり襲ってくることがあるため、異常気象の前後であっても海岸へ近寄るのは危険です。

自宅や職場が浸水想定区域にあるかチェックしよう

出典:https://www.photo-ac.com/

ハザードマップを確認し、自宅や職場が浸水想定区域にある場合には、高潮や高波により浸水する可能性があります。

「高い場所にある丈夫な建物」のような安全な避難場所が周囲にないか確認してみましょう。避難場所と避難経路は、あらかじめ決めておくことが重要です。

学校の体育館や公民館等の公共施設は、指定緊急避難場所となっている所があります。また、指定避難所であれば、万が一自宅が被災してしまい住める状況にない場合、一時的に身を寄せることができるので活用しましょう。

お住いの地域のハザードマップを確認したい方は以下のリンク先から調べることができます。簡単に調べることができるのでオススメです!


リンク先:国土交通省 国土地理院 ハザードマップポータルサイト~身のまわりの災害リスクを調べる~

まとめ

高波は、海上で吹き風によって生じる「風浪」と、風の影響を受けなくなった波である「うねり」が、強風によってぶつかり合ったり重なり合ったりすることで発生します。

台風や発達した低気圧に伴い、異常な潮位の上昇が起こる「高潮」と同時に発生することで、高波はさらに勢いを増すため注意が必要です。

また、遥か南方にある台風で生じた風浪が、うねりとなって押し寄せることがあります。天気が穏やかであっても高波が襲ってくることがあるため、遠洋で台風が発生した場合にも注意しましょう。

高波による被害は後を絶ちません。高波のおそれがある場合には、絶対に海岸付近へ近寄らないようにしましょう。

台風の際に発生する高潮とは?発生の仕組みや身を守るための対策を解説この記事では、台風の際に発生する高潮について解説しています。高潮とは何なのか、発生する仕組みを解説しているので、高潮について知ることができる内容になっています。...
RELATED POST