大雨・豪雨

【自分の命を守るために】増加する集中豪雨による災害への対策を紹介

近年増加傾向にある集中豪雨による災害。今まで降水量が少なかった地域でも集中豪雨が発生するなど、全国的な気候の変化が現れてきていますね。

この記事では、そんな増加傾向にある集中豪雨に備えた対策を紹介しています。とはいえ、難しいものではありません。

「避難する」ことに重点を置いているので、集中豪雨が発生したときにスムーズに避難できるためにはどうすればいいのかを紹介しています。

他にも、災害への心構えや災害後に備えた対策も紹介しているので、万が一被災した状況でも役立つ内容になっています。

出典:https://www.photo-ac.com/

集中豪雨への対策をする前に・・・

出典:https://www.photo-ac.com/

集中豪雨への対策をする前に、災害に対しての心構えをしておく必要があります。それは、自然の力の前に私たちは無力だということです。

どんなに対策をしても被害が全くなくなることはありません。想定外の事態というのは起こるものです。僕自身、東日本大震災で住んでいた町が壊滅したのを目の当たりにしたとき痛感しました。

では、災害への対策って何なの?と疑問に思ってしまいますよね。答えは1つ「自分の命を守るために逃げる」ことです。

災害を防ぐことができないのなら自分の命をどう守るかが重要になってきます。災害時には「自助」が鉄則となるため、いざという時にスムーズに避難ができるよう対策を練ることが大切なんですね。

集中豪雨への対策①【ハザードマップの確認】

出典:https://www.ac-illust.com/

 

集中豪雨では、河川の氾濫による洪水や土砂災害といった被害が予想されます。そのため、住んでいる場所はこうした被害に遭うのか確認する必要がありますね。

そこで役立つのがハザードマップです。国や各地方自治体が、災害による被害の軽減や防災対策を目的として、被災想定区域や避難場所などの位置を表示した地図です。

ハザードマップと自宅の場所を照らし合わせれば、集中豪雨により自宅が被害を受ける可能性があるのか知ることができます。自宅が被災想定区域に入っていれば、集中豪雨が発生した際に避難する必要がでてきますね。

注意点として、ハザードマップでは自宅が被災想定区域に入っていないからといって必ずしも安全だとはいいきれません。ハザードマップはあくまでも参考とし、集中豪雨の規模によっては被災区域が拡大する可能性があることを想定しておきましょう。

集中豪雨への対策②【避難場所・避難経路の選定】

出典:https://www.ac-illust.com/

 

集中豪雨が発生した場合に避難が必要と判断したら、どこへ避難するか、避難場所までの経路を決めましょう。

避難場所として望ましいのは、山沿いから離れた高さのある丈夫な建物です。洪水や土砂災害から逃れるためですね。学校などの施設や大型の商業施設がないか確認してみましょう。

避難場所が決まったら、避難経路を決めます。なぜ避難経路?と感じるかもしれませんが、災害時には主要道路は渋滞しやすいものです。渋滞に巻き込まれて逃げ遅れた、なんてことがないように渋滞を避けるための避難経路を決めておくと安心です。

お住いの地域のハザードマップを確認したい方は以下のリンク先から調べることができます。簡単に調べることができるのでオススメですよ!


リンク先:国土交通省 国土地理院 ハザードマップポータルサイト~身のまわりの災害リスクを調べる~

集中豪雨への対策③【情報収集】

出典:https://www.ac-illust.com/

情報収集は避難をする判断を下すのに役立ちます。避難をするかしないかを決めるのは自分自身です。ですが、どのタイミングで避難を開始すればいいのかわからないものですよね。

そこで、テレビやインターネットから情報収集することによって現在の状況を知ることができます。気象庁や各自治体から発表されている警報・注意報・警戒レベルを確認しましょう!

特に地下鉄や地下街といった地下空間では、浸水の被害が発生すると避難が難しくなってしまいます。外の状況が確認できない場所にいる時は、発信されている情報のみが頼りになるでしょう。

現在では幸いなことに、情報収集が容易な時代になっています。いつでも気象情報を確認できるような環境を作ることは集中豪雨の対策をするうえで重要です。

集中豪雨の最も有効な対策は早めの避難

出典:https://www.ac-illust.com/

どの災害でも言えることですが、災害への最も有効な対策は早めの避難、これに尽きます。

河川が氾濫してしまっては、洪水により逃げ道が塞がれてしまいます。また、土砂災害は発生してから数秒で襲ってくるほどなので、発生してから避難を開始しては間に合いません。

地下空間に関しては、たった数十センチの浸水で水圧により扉が開けられなくなるほどです。地下空間では出口の数が限られているため、閉じ込められてしまったら逃げようがありませんね。

何かあってから避難を開始していては、手遅れとなってしまう可能性が高くなります。被害が発生する前に避難をすることで、自分の命を守れる可能性が格段にあがるでしょう。

集中豪雨に備えて備蓄をしよう

出典:https://www.ac-illust.com/

集中豪雨により、電気・ガス・水道といったライフラインがストップしてしまうと生活に支障をきたしてしまいます。

必要なものならその時に買えばいいと思ってしまいますが、被災地ではあらゆるものが手に入らないものです。道路の破損・渋滞・交通規制などにより流通が滞ってしまうだけでなく、物を買い求める人が殺到するためですね。

また、災害の状況によっては洪水により外出できない状況だったり、商店が被災して買い物をする場所自体がなくなってしまう可能性だってあります。

そのような状況でも備蓄をしておけば困ることはありません。特に、水・食料・ランタン・非常用トイレは必ず備蓄しておきたいですね。

こちらでは東日本大震災で被災した経験をもとに、実際に役に立ったものや「こんなものがあれば良かった」というものをピックアップしています。どんなものを備蓄していいのかわからない方はチェックしてください!

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト災害対策に必要な備蓄品をリストアップしました。必要な備蓄品をザックリとチェックできますよ!必要な備蓄品を個別に説明するページにもアクセスできるので、必要な備蓄品を確認したい方は、こちらの記事から読み始めてください!...

集中豪雨に備えて保険の見直しをしよう

出典:https://www.photo-ac.com/

集中豪雨により自宅が浸水してしまったら。土砂災害により損壊してしまったら・・・。考えたくない事ですが、実際に被害に遭った事例があるのが現実です。

住宅の修繕といってもお金がかかるもの。こうした突然の大きな出費は災害後に起こりやすい問題の1つなのです。住宅ローンが残っている場合だと尚更深刻ですよね。

そんな時に助けとなるのが保険です。集中豪雨による住宅の被害は「火災保険」が適用されます。

車と家財に関しては住宅の火災保険とは別になるので、必要であれば相談することをオススメします。

被害に遭ってから「保険に加入しておけばよかった・・・。」と後悔しても手遅れです。もしもの時の備えとして、保険の在り方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

【たった3分】の入力。ナビゲーションに沿って入力するだけで【最大16社】の保険会社の見積もりが可能です。 住宅本舗の火災保険一括見積もりサービスなら保険プランナーが居住地域で異なる災害の種類などを考慮し、適切なプランを設計してくれます。

まとめ

近年では記録的な大雨による被害が増えています。昔と比べて気候が変化してきている証拠ですね。だからこそ、集中豪雨への対策が必要になってきています。

  • ハザードマップの確認
  • 避難場所・避難経路の選定
  • 情報収集

この3つを行うことで、いざという時でもスムーズに避難を行うことができます。その時になって避難場所を決めたり避難しようとしても、状況に追いつけず慌ててしまうものです。

日常から対策を行うこと、早めの避難をすることで自分の身を守れる可能性が格段にあがるでしょう。

また、災害後の事を考えライフラインがストップした時のための備蓄や、自宅が被災した時のための保険の加入をしておくことも災害への対策となります。

日本はあらゆる自然災害が起こりやすい「災害大国」です。災害への心構えをもとに、自身ができる災害対策をしていくことが重要になります。

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト災害対策に必要な備蓄品をリストアップしました。必要な備蓄品をザックリとチェックできますよ!必要な備蓄品を個別に説明するページにもアクセスできるので、必要な備蓄品を確認したい方は、こちらの記事から読み始めてください!...
RELATED POST