備蓄

【実体験をもとに】災害時の薬不足のために備蓄の必要性を解説

災害時にはストレスが溜まりやすく、不衛生な環境になりがちです。普段病気にかかることのない方であっても、何かのきっかけで病気にかかる可能性があります。

そんな時でも落ち着いて対処ができるように薬の備蓄は必要な事です。この記事では、薬を備蓄していない方に向けて、薬の備蓄について詳しく解説しています。

どんな薬をどれくらい備蓄すればいいのか解説しているので、薬の備蓄に迷うことがなくなる内容になっています。

また、東日本大震災の時の体験談を記しているので、特に薬を常用している方は災害対策の参考にしてみてください。

出典:https://www.photo-ac.com

災害時に備えてどんな薬を備蓄しておけばいいの?

出典:https://www.photo-ac.com

備蓄する薬は大まかに2つに分けられます。一つは市販されている常備薬。もう一つは病院で処方してもらう処方箋医薬品です。ここでは、市販されている常備薬を取り上げます。処方箋医薬品については後ほど取り上げますね。

さて、市販されている常備薬といっても様々です。具体的にどんな常備薬を備えておけばいいのか紹介します。

備えておきたい常備薬
  • 総合かぜ薬
  • 解熱薬
  • 胃腸薬

この3つは最低でも備蓄しておきましょう。後は、人によって揃えるようにしたいですね。

例えば、女性の方であれば「生理痛を緩和する薬」であったり、花粉症の方であれば「目薬・点鼻薬・のどスプレーなど」、痔の方であれば「座薬や軟膏」といったように、常用している薬を備蓄するようにしましょう。

【災害時の薬不足に備えて】薬の備蓄量は?

出典:https://www.photo-ac.com

2週間使い続けれる量が望ましいです。例えば、カプセル錠のかぜ薬であれば

1箱(1週間分)✕2つ=2週間分

といった具合です。軟膏や目薬など量が正確に計測できないものは、一つ余分に備蓄しておけば2週間はもつでしょう。

2週間分の理由は、かぜ薬が1箱だった場合、家族の誰かが風邪をひいたらそれで使い切ってしまいます。その間にもう一人風邪をひいたら薬が足りないですよね。ですので、予備の意味を含めて2週間分が望ましいです。

もう一つの理由は、大規模な災害の場合は1週間で流通は復活しません。おまけに、商品を買う人が殺到するので、すべてのものが品薄状態になります。当然、薬がなくなり買いに行っても売り切れている可能性が非常に高いです。

薬が足りなくなって慌てることがないように、余裕をもって備蓄をしておけば安心できますよ!

ちなみに、災害時に使用しなかったからといって無駄にはなりません。その後の日常生活で病気になった場合にそのまま使えるからです。

薬と併せて備蓄しておきたいもの

出典:https://www.photo-ac.com

特に津波や洪水といった水害に見舞われた場所では、まともに歩ける場所がないので流れ着いたガレキの上を歩く場合もあるでしょう。

流れ着いたガレキには、様々な菌が付着しています。そのガレキがもとでケガをしたら、傷口から菌が入り破傷風になる可能性があります。ですので、外傷を処置するためのものを備えておきましょう。具体的には、

外傷を処置するためのもの
  • 消毒薬
  • 絆創膏
  • ガーゼ
  • ハサミ
  • ピンセット
  • テープ
  • 綿棒

といったものを備蓄するようにしましょう。水害以外にも、地震によって窓ガラスが割れたり食器が割れたりする可能性があります。切り傷の原因となりやすいので、上記のものを備蓄しておけば、処置をすることができますよ!

東日本大震災での薬にまつわる実体験

ここでは、東日本大震災で被災した時の状況を記します。全く同じ状況が起こるとは限りませんが、被災地になるとこんな状況になる例として、災害対策の参考にしてみてください。

まずドラッグストアですが、震災後1週間たった状況です。商品を買い求める人が殺到しすぎて入場制限がかかりました。10人ずつの入場で、買い物が時間は15分ほどです。

食品・飲料・紙類・薬類は品切れで、残っているのは髭剃りや衣類、化粧品といったところでした。まともに商品が買えるようになったのは、2週間以上たってからです。

そして病院ですが、震災後1週間たった状況です。診察を受けることはできたのですが、処方箋医薬品は手に入らず、震災後2週間たった時点でも十分な量の薬は手に入りませんでした。

薬局には大勢並んでいたので、同じような方がいたのでしょう。それほど、災害後に物が手に入らなくなるということを痛感しました。

薬不足になる前にかかりつけの医者に相談してみる

出典:https://www.photo-ac.com

処方箋医薬品を常用している方であれば、余分に薬をもらえるようにかかりつけの医者に相談してみてはいかがでしょうか。

災害が発生すると、病院が被災する可能性があります。また、災害により流通が滞るので、病院や薬局でも薬が手に入らない事態が起こり得ます。

大きな病院だと、震災後は災害によって負傷した患者の治療のため、診察を受けることすら難しくなるでしょう。実際、病院の駐車場には救助ヘリが、救急搬送口には救急車が、ひっきりなしに往復している光景を目にしました。

特に薬がないと命にかかわる場合は大事になりかねないので、きちんと理由を説明して備蓄できるものであれば、余分に薬をもらえるようにかかりつけの医者に相談してみてください。

まとめ

市販されている常備薬を備蓄するのであれば、ドラッグストアへ行けばいつでも手に入れることができます。ですが、処方箋医薬品の場合はそうはいきません。

災害が起こると薬が満足に手に入らない状況になる可能性があるので、処方箋医薬品を常用している方であれば、余分に薬をもらえるようにかかりつけの医者に相談することが大切です。

また、市販されている常備薬であっても、被災地ではあっという間に品切れになる可能性があります。薬が必要なのに手に入らない、なんてことがないように、日常から常備薬を備蓄するようにしましょう。

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト災害対策に必要な備蓄品をリストアップしました。必要な備蓄品をザックリとチェックできますよ!必要な備蓄品を個別に説明するページにもアクセスできるので、必要な備蓄品を確認したい方は、こちらの記事から読み始めてください!...
RELATED POST