備蓄

携帯用ウォシュレットのおすすめはコレ!使い方を画像付きで解説

お尻に悩みを抱える人にとってウォシュレットはなくてはならないものです。ですが、災害により停電・断水になると、ウォシュレットを使うことができなくなってしまいます。

この記事では、ウォシュレットがないと不便だと感じる方に向けて、災害時でもウォシュレットを使うことのできる「携帯用ウォシュレット」を紹介しています。

おすすめの携帯ウォシュレットや備蓄するメリット、使い方も画像付きで解説しているので、安心して使用することができるでしょう。

ウォシュレットがないと不便だと感じる方にとって、携帯ウォシュレットは非常に役立つものなので、災害への備えとして備蓄してみてはいかがでしょうか。

出典:https://www.photo-ac.com

備蓄品の1つに携帯用ウォシュレットをおすすめする理由

出典:https://www.ac-illust.com

今では家庭だけでなく、商業施設や公共施設にもウォシュレットが設置されていますね。慣れてしまうとウォシュレットが使えなければ落ちつかない方もいるのではないでしょうか?

とても便利なウォシュレットですが、災害が起きて電気・水道が使えなくなってしまうと使用することができなくなってしまいます。

特に、お尻にデリケートな問題を抱えている方にとって、ウォシュレットの存在は大きいものです。だからこそ、備蓄品の1つに携帯用ウォシュレットをおすすめしています。

電池1本とペットボトルさえあれば、停電・断水時でも、状況に左右されずにウォシュレットを使用できるのは大きなメリットといえるでしょう。

携帯用ウォシュレットを備蓄する4つのメリット

家庭に据え付けてあるウォシュレットの代わりになる

出典:https://www.photo-ac.com

電気や水道が使用できない状況でもウォシュレットが使えるのはとても大きなメリットです。特に、ウォシュレットがないと落ち着かない方にとっては一番のメリットといえるでしょう。

痔を患っている方や、紙で拭きすぎてお尻を傷つけてしまう、人それぞれいろんな悩みがあります。少しでもお尻への負担を減らすためにウォシュレットを使用しているはずです。

ウォシュレットが使えないと排泄が苦痛となり、排泄を我慢する癖がついて便秘になる可能性があります。

携帯用ウォシュレットがあれば、災害時であってもウォシュレットが使用できなくなる心配はなくなりますね。

災害時でもお尻を清潔に保てる

出典:https://www.ac-illust.com

災害が起きて電気・ガス・水道といったライフラインがストップしてしまうと、お風呂に入ることが困難になってしまいます。

僕が東日本大震災で被災した時は、一週間以上お風呂に入ることができませんでした。それでも恵まれていた方だと思います。中には一ヶ月以上お風呂に入れなかった方もいました。

災害時には不衛生になりやすいものです。不衛生になると体の抵抗力が弱まり、病気にかかりやすくなります。体の一部だけとはいえ、災害時でもお尻を清潔に保つことで健康状態を保てるメリットがあります。

トイレットペーパーの消費量を抑えることができる

出典:https://www.photo-ac.com

ウォシュレットはお尻を洗浄することで、トイレットペーパーの消費を抑える効果があります。

被災した地域では物流が滞ってしまうのと、日用品を求める人が殺到してしまい、トイレットペーパーを手に入れることが困難となります。

いつ復旧するかわからない、先の見えない状況ではトイレットペーパーの使用は節約したいものですよね。

災害時に携帯用ウォシュレットの使用することは、トイレットペーパーの節約につながるメリットがあります。

3点ユニットバスでも使用できる

出典:https://www.photo-ac.com

アパートでよく見かける3点ユニットバス。風呂場とトイレが一緒になっているため、電気を使うウォシュレットを設置することができません。

ホテル用として3点ユニットバス用のウォシュレットがあるのですが、10万円以上と非常に高価なうえに水やお湯を使うための配管が大変です。

携帯用ウォシュレットであれば、高額な費用や手間がいらず使用することができます。実際、僕が3点ユニットバスを使用しているアパートに住んでいた時には携帯用ウォシュレットを使用していました。

3点ユニットバスだからウォシュレットは諦めよう。と思っている方でも安心してください。携帯用ウォシュレットは場所を選ばず使用できるという大きなメリットがあります。

おすすめの携帯用ウォシュレットを紹介

TOTOから発売されている携帯用ウォシュレットです。具体的なオススメのポイントを4つ紹介していきましょう。

おすすめのポイント① 『単三電池一つでOK』

当サイトでは、必要な備蓄品はすべて単三電池で統一しているので、紹介している携帯用ウォシュレットも単三電池で使用することができます。

しかも、電池は一本しか使用せず、1日に3回使用したとしても1ヶ月以上電池がもつので、電池の消費量が少ないのは嬉しいですね。

おすすめのポイント② 『水勢は強と弱の二種類選べる』

お尻の強度は人それぞれです。刺激に弱い人もいれば、強い刺激を求める人もいます。

ですので、水勢の強弱を選べるのは嬉しい機能ですね。とはいえ、「所詮電池で動いているんだから水勢はたかが知れているんじゃない?」と不安に思う方もいることでしょう。

あなどることなかれ、刺激を求める方には少し物足りないかもしれませんが、携帯用ウォシュレットの「強」であれば、据え付けのウォシュレットの「弱」以上の水勢です。

電池一本で据え置きのウォシュレットと同等の水勢を体験できるのは驚きです。「実際に使用した感想」の項目でも詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

おすすめのポイント③ 『タンクの容量が大きい』

携帯用ウォシュレットのタンク容量だけであれば、他社メーカーの150ml前後が多い中で、180mlとトップクラスのタンク容量です。

500mlペットボトルと脱着可能なタイプがありますが、ペットボトルをトイレに常備しておけば足りない分を補給できますし、500mlペットボトルを装着して使用すると、重くてかさばるのが難点です。

おすすめのポイント④ 『信頼のおけるメーカー』

TOTOといえば、ウォシュレットの国内シェアNo1を誇る住宅設備機器メーカーです。ちなみに、ウォシュレットとはTOTO独自の温水洗浄便座の商品名だというのはご存知でしたか?

日本のトイレの歴史を変えたウォシュレット、今や世界でも人気を集めつつあります。国内シェアNo1だけでは満足せず、日々トイレに関する新しい技術を開発しています。トイレに関して、国内では群を抜いた技術力ではないでしょうか。

トイレ製品はTOTOを選べば安心できると思わせてくれるのは、企業が努力してきた結果といえるでしょう。もちろん、ブランドイメージだけでなく性能に関しても自信をもってオススメできます。

おすすめの携帯用ウォシュレットの使い方

用意するもの:携帯用ウォシュレット、単三電池(1本)、水、10円玉

1・電池を入れる蓋を左に回して外します。 ※10円玉を使用すると楽に蓋を回すことができますよ!

2・蓋を外したら単三電池を入れます。画像と同じ向きでプラスを蓋側、マイナスを本体側にして入れましょう。単三電池を入れたら蓋を閉めます。

3・本体を「カチッ」となるまでスライドさせて、タンクから出します。

4・タンク上部にある蓋を開けて給水口から水を入れます。水を入れたら蓋を閉めましょう。

5・本体にあるノズルを引き出します。

6・ノズルにある水勢の強・弱を設定します。強であれば下へ、弱であれば上へスライドするだけです。これで使用可能となります。使用する際は、本体にあるボタンを押している間だけ水がでます。

7・快適な時間をお楽しみください。

使用上のコツとして、前から差して使用するようにしましょう。

40℃以上のお湯の使用は、タンクの変形、故障の原因となるので使用しないようにしてください。

おすすめの携帯用ウォシュレットを実際に使用した感想

水勢の強さですが、強で使用した場合は据え置きのウォシュレットの「弱より少し強い」くらいです。弱の場合は据え置きのウォシュレットの「弱と同等」くらいです。

据え置きのウォシュレットで強を使用している方にとっては、少し物足りないと思うかもしれませんが、強すぎる水勢は腸の粘膜まで洗い流してしまい、腸を傷つける恐れがあるので丁度いい強さではないでしょうか。

水量はタンクに満タンでちょうど一回分洗浄できました。足りないかな?と感じるようであれば、トイレにペットボトルを置いておくと給水ができます。

電池一本で動くものだから水勢には期待していなかったのですが、想像以上に水勢が強く非常に満足のいく使用感でした。

簡易トイレの備蓄も忘れずに

出典:https://www.photo-ac.com/

せっかく携帯用ウォシュレットを用意しても、トイレが使用できなければ意味がありませんよね。

簡易トイレは、家にあるトイレにビニール袋を被せて使用するものなので、水で流す必要がなく、燃えるゴミで処分できます。

自宅で用を足すことができるというのは、プライバシーが守られるだけでなく、仮設トイレを利用する際に、長蛇の列だったりタンクがいっぱいで利用できない、といった問題がなくなるメリットがあります。

簡易トイレは必ず備蓄しておきたいものの1つです。携帯用ウォシュレットとセットで備蓄しておくことを忘れないようにしましょう。

まとめ

災害時に役立つ携帯用ウォシュレット。備蓄するメリットをまとめると以下になります。

  • 据え置きウォシュレットの代わりになる
  • 災害時でもお尻を清潔に保てる
  • トイレットペーパーの消費量を抑えることができる
  • 3点ユニットバスでもウォシュレットが使える

また、当サイトで紹介している携帯用ウォシュレットは信頼のおけるメーカーで販売されているだけでなく、大容量・水勢の強弱が設定できるなど性能面において満足のいくものです。

電池一本しか使用しないので、携帯用ウォシュレット用として大量の電池を備蓄する必要がないのもポイントですね。

お尻に悩みを抱えていて、ウォシュレットがないと不便だと感じる方は、災害への備えとして簡易トイレとセットで携帯用ウォシュレットを備蓄しましょう。

【被災経験をもとに】災害に備えて揃えておきたい備蓄品のリストこの記事では、東日本大震災で被災した時に役立ったもの、「こんなものがあれば良かった」というものをリストアップしたものです。 いざ備蓄をしようとしても、実際に経験しないと、どれが必要なものなのかわからないものです。この記事では、そんな悩みを解消する内容になっています。...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です