生活

指定緊急避難場所と指定避難所の違いは?避難に役立つ知識も併せて解説

災害の度合いによっては避難を余儀なくされることがあります。そんな時に利用するのが「指定緊急避難場所」と「指定避難所」です。似たような言葉ですが、この2つの意味は違うものです。

この記事では、指定緊急避難場所と指定避難所の違いだけでなく、類似する避難所についても解説しています。

他にも、避難場所や避難所の調べ方、避難する際に備えておきたいもの、利用上の注意点を紹介しているので、実際に避難をする際に役立つ内容になっています。

災害により自宅が被災してしまった時に活用する施設です。いざという時のために知っておきたい知識なので、覚えておきましょう。

出典:https://www.photo-ac.com/

指定緊急避難場所とは

出典:https://www.photo-ac.com/

指定緊急避難場所は、「津波、洪水等、災害による危険が切迫した状況において、住民等の生命の安全の確保を目的として住民等が緊急に避難する際の避難先として位置付けるもの」とされています。

あくまでも「避難に適した場所」としての位置付けなので、場所によっては一時的な宿泊や滞在に適していない場合があります。ここが指定避難所との大きな違いです。

例えば、学校のグラウンドなどの屋外は、避難に適していても雨風を凌ぐことができないので宿泊は困難ですよね。「避難場所」とあるように、避難に特化した場所と覚えておきましょう。

指定緊急避難場所の選定に注意

災害といっても様々な種類があります。例を出すと、台風から避難するには運動場のグラウンドと学校の体育館、どちらが適していますか?地震の場合はどうでしょう。

台風の場合は学校の体育館、地震の場合は運動場のグラウンドと、同じ指定緊急避難場所であっても災害によって避難に適した場所は違います。

このように、指定緊急避難場所には対応している災害というものがあります。具体的にどの災害に対応しているかは図記号や文字で記しているので、その災害に対応した場所であるか確認することが重要です。

避難場所を選定する際には、対応した災害に着目することを忘れないようにしましょう。実例として、災害に対応していない避難場所へ避難し、被災したケースがあります。

指定避難所とは

出典:https://www.photo-ac.com/

指定避難所は、「災害の危険性があり避難した住民等が、災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在し、または災害により自宅へ戻れなくなった住民等が一時的に滞在することを目的とした施設」となっています。

大規模な災害が発生した際に、ニュース等で自宅が被災してしまった方が、学校の体育館に身を寄せている映像を目にしたことはありませんか?

災害により自宅が全壊などの理由で帰宅することができない方のために、一時的に宿泊滞在するための施設が指定避難所です。

災害時には拠点としての側面もあるため、救援物資の届け先や安否情報の収集、給水ポイントといった役割も担っています。

広域避難場所・一次避難所・二次避難所・福祉避難所とは

出典:https://www.photo-ac.com/

自治体によっては、避難場所や避難所を「広域避難場所」「一次避難所」「二次避難所」「福祉避難所」と記載している場合があります。ここでは、この4つの違いについて解説していきますね!

広域避難場所

地震などの理由による火災の延焼が大きくなり、地域全体が危険となった時に避難する場所です。

火災の輻射熱や煙から身を守るために10ヘクタール以上が必要とされているため、大規模な公園や学校、運動場などが指定されていることが多いですね。

広域避難場所によっては津波や洪水といった「水害」に対応していないため、災害の種類によって避難する際には注意が必要です。

一次避難所

指定避難所と同じ、「自宅が全壊などの理由で帰宅することができない方のために、一時的に宿泊滞在するための施設」として、災害発生当初から開放されます。

学校や公民館、地域のコミュニティーセンターなどが指定されています。

二次避難所

高齢者や障がい者などの方が、一次避難所での避難生活が困難となった場合、優先的に避難させるための施設です。

二次避難所は、必要だと判断された場合に設置される避難所であるため、災害発生当初から開放されません。最初に避難をする際には、一次避難所へ避難するようにしましょう。

福祉避難所

住宅の損壊などの理由で住むことができなくなった高齢者や障がい者のうち、要介護度や障がいの程度が高く、一次・二次避難所での避難生活が困難な被災者を避難させるための専用施設です。

自治体と協定を結んだ福祉施設などが当てはまりますね。自治体によって、震災発生当初から設置する場合と、二次避難所として設置する場合があるので確認が必要です。

指定緊急避難場所と指定避難所を調べるには?

出典:https://www.photo-ac.com/

避難場所と避難所について理解しても、実際にどこにあるのか分からないと利用どころではないですよね。

緊急指定避難場所と指定避難所は、各自治体のホームページで確認することができます。『指定緊急避難場所 〇〇市』で検索してみてください。

他にも、地域のハザードマップで確認できるので、活用していきましょう。

指定緊急避難場所は以下のリンク先から検索することができます。指定避難所についてはお住いの市町村ホームページから検索できますよ!

リンク先→国土交通省 国土地理院 指定緊急避難場所データ

避難をする際に持ち込みたい物

出典:https://www.photo-ac.com/

大規模な災害になると、避難が長期化する可能性があります。避難先では十分な備蓄品があるとは限らないもの。そこで、避難をする際に持ち込みたいものを紹介していきますね!

ここで紹介するものは、徒歩での避難を想定しているため、誰でも持ち運べるものを選んでいます。

水・食料

生きていく上で欠かせないものなので、必ず準備しておきたいものですね。3日分用意しておきましょう。避難が長期化するよな大規模な災害となった場合、救援物資が届くまでの日数がおよそ3日とされているためです。

水は1人1日3リットル必要とされていますが、それだと9リットルとなり持ち運びが大変になってしまいます。最低でも3リットルを目安に、持ち運びに無理のない量を持ちましょう。

台風のように避難する時間に余裕がある際には、おにぎりを用意すると非常食の消費を減らすことができます。初日はおにぎり、次の日からは保存食といった具合ですね。

モバイルバッテリー・携帯ラジオ

スマホは情報収集や安否確認、暇潰しなど様々な場面で役立つものです。災害により停電となった場合でも充電ができるように、モバイルバッテリーは用意しておきたいですね。

災害の度合いによっては通信障害となり、スマホが機能しなくなる可能性もあるでしょう。携帯ラジオがあれば、そのような状況でも情報収集ができます。

また、避難所ではジッとしているため、時間の流れが遅く感じるものです。ラジオを聞いているだけでも気が紛れるのでオススメですよ!

忘れてはいけないのが「充電不要の有線式のイヤホン」です。避難所には大勢の方が避難しています。大音量でラジオを聴く猛者はいないと思いますが、騒音トラブルを避けるためイヤホンは必須アイテムです。

生理用品・ベビー用品・常備薬

女性の方や小さな子供がいる方にとっては必要なものですね。こちらも避難所によって十分に備蓄されているとは限りません。

また、避難生活はストレスが溜まりやすいものです。使い慣れているものを使用することはストレスの軽減につながるため、必ず用意しておきましょう。

大規模な災害となった場合、病院が機能しなくなる可能性があります。避難所で体調を崩してしまった時のために、常備薬を用意しておくといいでしょう。

着替え・スリッパ・耳線・アイマスク

同じものを何日も着ていると、不衛生なだけでなく汚れによるストレスも溜まるものです。特に夏場の時期であれば汗をかきますからね。

厚手の上着を用意しておけば、毛布の代わりにもなるので、時期を問わず1着は用意しておきましょう。スリッパは屋内を歩く際に足を保護してくれます。

慣れない場所や人が大勢集まっている所では、周りが気になって思うように寝付けないものです。耳線・アイマスクは、気になる音や光をカットしてくれるので、睡眠の手助けをしてくれます。

身分証明書・現金・通帳

身分証明書は、罹災証明書や補助金といった各種手続きに必要となります。身分証明書があるのとないのとでは、手続きの手間が大きく変わってくるので用意しておきたいですね。

災害時には、避難している家庭を狙った空き巣が出現します。また、自宅が被災したことにより、現金や通帳などが紛失してしまうこともあるでしょう。

お金は災害後の生活に必ず必要になるものです。持ち歩くことで、盗難や紛失といった被害をなくすことができます。

ただし、避難所だからといって盗難に遭わないという保証はありません。貴重品の管理はしっかり行うようにしましょう。

キャリーカート・台車・懐中電灯

キャリーカートや台車は荷物を運ぶ際に役立ちます。特に力のない方や、足腰の弱い方にとっては大きな力となってくれるでしょう。

個人的には台車の方が安定感があり、椅子の代わりとしても利用できるのでオススメです。

夜間の避難や、避難所での移動に光が必要な時があります。停電時には光源を確保することが困難となるため、必ず用意しておきましょう。

いつでも持ち出せるように用意しておこう

避難する際に持ち出すものを決めたら、いつでも持ち出せるようにバッグの中にまとめておきましょう。

いざ災害となったら、バッグを持ち出すだけでいいので、避難する際に時間をとられることがありません。

また、持てる重さかどうか確認することも忘れないようにしましょう。詰め込み過ぎて持ち出せないなんてことになったら元も子もないですからね。

津波が発生した場合、持ち出し用のバッグを取りに戻る時間の余裕がありません。また、持ち出し用のバッグが邪魔になることがあります。津波から避難する際には、逃げることだけを考えましょう。

避難所ではマナーも大切

出典:https://www.photo-ac.com/

避難所には老若男女問わず、大勢の方が避難してきます。ということは、いろいろな性格の人が集まっているわけですね。

避難生活というのは不便なものです。周りに気を遣ったり、床が固く眠れなかったり、災害への不安からストレスが溜まりやすく、トラブルが発生しやすい環境となります。

それでも、避難生活を続けなくてはいけないのが現実です。ちょっとしたことからのトラブルを避けるため、騒音等のマナーを守る事も、避難生活をするうえで重要になります。

民間で協力してくれる場合も

中には善意で避難場所や避難所として開放してくれるところがあります。とてもありがたいですね。だからこそ、利用させてもらう私たちはモラルを持たなくてはいけません。

施設の備品を勝手に使用する、施設が許可しない場所へ立ち入る、施設の設備を汚す、といったモラルに欠ける行為はしないことが常識です。

まとめ

指定緊急避難場所は「住民等が緊急に避難する際の避難先」として位置付けられてます。避難場所を選ぶ際に注意したい点として、避難場所には対応した災害があることを忘れないようにしましょう。

指定避難所は「災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在し、または災害により自宅へ戻れなくなった住民等が一時的に滞在することを目的とした施設」となっています。

大規模な災害となった場合、避難が長期化する可能性があります。避難生活をするうえで必要となるものをあらかじめ用意しておき、いざというときにも落ちだせるようにしておきましょう。必要なものをまとめると、

  • 水・食料
  • モバイルバッテリー・携帯ラジオ・有線式イヤホン
  • 生理用品・ベビー用品・常備薬
  • 着替え・スリッパ・耳線・アイマスク
  • 身分証明書・現金・通帳
  • キャリーカート・台車・懐中電灯

ですね。避難生活はストレスが溜まりやすいもの。不要なトラブルを避けるために、周りへの配慮や利用マナーを守る事を忘れないようにしましょう。

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト災害対策に必要な備蓄品をリストアップしました。必要な備蓄品をザックリとチェックできますよ!必要な備蓄品を個別に説明するページにもアクセスできるので、必要な備蓄品を確認したい方は、こちらの記事から読み始めてください!...
RELATED POST