備蓄

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト

災害はいつやってくるかわかりません。大規模な災害が起こって電気・ガス・水道などのライフラインがストップしてしまうと、満足に生活することすら困難となります。

この記事で紹介している災害対策の備蓄品は、実際に被災した経験をもとにリストアップしたものです。揃えておけば、電気・ガス・水道が使えなくなっても、日常に近い生活が送れるでしょう。

普段家事をしている人で、備蓄をしたいけど何を揃えたらいいのかわからない方はこの記事を参考にしてくださいね!自分で備蓄をしているけど十分なのかな?と不安な人も、自分の備蓄品と照らし合わせて、不足がないかチェックしてみてください。

また、各備蓄品ごとに詳細を説明したページにアクセスすることができます。災害対策に特化したオススメの商品や、備蓄するメリット、必要な備蓄量といった役立つ情報なので、併せてご覧ください!

出典:https://www.ac-illust.com

目次

カセットコンロ【災害時の必需品!調理・湯沸しと万能選手】

出典:https://www.ac-illust.com

普段家事をしている人にとっては、料理やお風呂、湯沸しなど『火』の大切さが身に染みてわかっていますよね。

災害が起きてガスや電気が使えなくなってしまったら、ガスコンロやIHコンロが使えなくなってしまいます。そんな時のために備蓄しておきたいのがカセットコンロです。

料理や湯沸かしだけでなく炊飯も可能とまさに万能選手。備蓄しておいてメリットしかないカセットコンロは、災害対策として必ず備蓄しておきたいものの一つです。

また、カセットコンロに使うガスボンベも忘れずに備蓄しておきましょう。カセットコンロに使うガスボンベは長期保存ができるのと、消費期限が近付いたガスボンベを消費したい場合にも、使い道が多く消費が楽なのもポイントです!

【必要な備蓄量も】災害時に役立つおすすめのカセットコンロを紹介

ランタン【停電時の光源確保だけでなく防犯対策にもつながる】

出典:https://www.photo-ac.com

夜になると当たり前のように点けている『照明』。明かりがないと思っている以上に周りが見えなくなり不便ですよね。また、周りが見えないせいで物にぶつかったり階段を踏み外したりと大変危険でもあります。

実は、災害時に一番起こりやすい障害が停電です。停電が起きた時のために、ぜひ『光源』は確保しておきたいものですね。

光源の確保に特にオススメなのがランタンです。家の中での使いやすさ、周辺を照らす光の強さは懐中電灯よりランタンの方が優れているためです。

ランタンは光源の確保だけでなく、災害時に避難のため留守にしている住宅を狙った『空き巣』を警戒させるのに役立ちますよ!

災害時には懐中電灯よりランタンが有効!おすすめのランタンを紹介

ろうそく【電池がない時の光源確保に】

出典:https://www.photo-ac.com

ろうそくは長時間辺りを照らすことができます。ですが、ろうそくは皿にろうをたらして固定する面倒なものだし、ちゃんと固定しないとろうそくが倒れる可能性があるし、一度使えば終わりなんじゃない?と、良くない印象を受けます。

ですが、当サイトで紹介しているろうそくは、そんな面倒ごとを感じさせないものです。消火も簡単で倒れる心配もなく、何度も使えるものです。家族で食事をするリビングなどで使うのが一番効果的ですね。

電池の備蓄が不十分だったり、懐中電灯しか備蓄していない家庭は、ぜひ辺りを照らすことのできるろうそくを備蓄しておきましょう!

【電池がなくても安心】災害時に役立つおすすめのろうそくを紹介

モバイルバッテリー【連絡・情報収集の必需品】

出典:https://www.ac-illust.com

スマホはもはや日常生活においてなくてはならないものです。老若男女問わず誰しもが持っているもの。そのスマホが充電切れで使えなくなってしまったら・・・。

そんな時のために備蓄しておきたいのがモバイルバッテリーです。災害により停電してしまうと、スマホの充電ができなくなってしまいます。

災害時において、家族や知り合いとの連絡、情報収集、暇潰しと、スマホは様々な場面で役立ってくれるので、使えなくなると致命的です。

災害時の電気の復旧は3日とされていますが、大規模な災害が起こると復旧までに1週間以上かかるのが実情です。災害で停電になっても充電できるように、モバイルバッテリーば備蓄しておきたいですね!

また、ソーラーパネルを用意しておくことで、日中はモバイルバッテリーを充電させることが可能です。モバイルバッテリーと併せて用意しておきましょう。

【スマホ充電】災害時に有効なおすすめのモバイルバッテリーを紹介

ポータブル電源【家電を動かせる大容量バッテリー】

災害対策の備蓄として注目度が高まってきているポータブル電源。コンセントやシガーソケット、USBが付いており、そこから電源をとることができる便利アイテムです。

容量が大きいものになるとスマホの充電だけでなく、家電製品も使用することができるので、災害による停電時でもテレビを見て情報収集ができたり、冬場の寒い時期にはこたつや石油ファンヒーターが使用できたりと、対策の幅が広がります。

ポータブル電源と一緒にソーラーパネルを備蓄すれば、ソーラーパネルがらポータブル電源の充電ができるので、電気に困ることはなくなりますね。

特に大規模な災害時では3日で停電が復旧するとは限らないので、ポータブル電源のメリットを最大限に発揮することができます。

Jackery ポータブル電源 700 大容量194400mAh/700Wh 家庭用蓄電池 PSE認証済 純正弦波 AC(定格出力500W/瞬間最大1000W)/DC/USB出力 24ヶ月保証
created by Rinker

【災害時に大活躍!】おすすめの大容量ポータブル電源を紹介

ポケットラジオ【情報収集だけでなく安心感も与えてくれる】

出典:https://www.ac-illust.com

ラジオって古臭いんじゃない?と思うかもしれませんが、非常時においてラジオ以上の情報収集源はありません。それほど安定した情報発信源がラジオです。また、非常時に人の声が聞けるというのはとても安心できるものです。

災害による停電のために電気が使えなくなったとしましょう。まず、テレビは見れません。スマホもバッテリー残量に限りがあるため無駄遣いはできません。

となると、電気を使用しない情報収集手段は電池で動くポケットラジオとなります。ポケットラジオにはスピーカーが内蔵されているので、家族全員で聞くことができる点と、持ち運びが楽というメリットがあります。

【災害時の情報源】備蓄におすすめのポケットラジオを紹介

非常用トイレ【下水道が使えなくても安心!女性の防犯対策にも】

出典:https://www.photo-ac.com

意外とないがしろにされてしまいがちなのが『トイレ』です。汚いというイメージのせいでしょうか、ですが、トイレは生理現象です。毎日必ず用を足さなければ人体に重大な障害が起きてしまいます。

洪水や津波などの災害によって下水道が使えなくなると、家庭でトイレを使用することができなくなってしまいます。

その場合仮設トイレが設置されるのですが、東日本大震災の時には設置された仮設トイレに人が並びすぎて使えない、すぐ仮設トイレのタンクいっぱいになって使用できないといった事態が起きました。

トイレの問題は思っている以上に重要なことです。トイレが使えない状況でも自宅で用が足せる非常用トイレは、災害対策として必ず備蓄しておきたいものの一つです。

また、仮設トイレを利用する女性を狙った性犯罪が実際に発生した過去があります。自宅で用を足すということは、女性にとって防犯対策にもなり、周囲を気にする必要がないためストレスの軽減につながります。

災害時における非常用トイレの重要性とは?使い方や備蓄数も解説

トイレットペーパー・ティッシュペーパー【災害時には品薄に】

出典:https://www.ac-illust.com

日常用とは別に、備蓄用として別に用意しておきましょう。トイレットペーパーはトイレ用に、ティッシュペーパーは鼻をかんだり、汚れを拭き取ったりと使い道に困ることはありません。

災害が起こると、日用品を買い求める人が殺到して品切れになってしまいます。必要なのに手に入らない、なんてことがないようにトイレットペーパーとティッシュペーパーは備蓄しておきましょう。

トイレットペーパー・ティッシュペーパーの備蓄量ってどれくらい?

携帯ウォシュレット【停電時のデリケートな問題を解決】

出典:https://www.ac-illust.com

ウォシュレットは日本ならではのトイレ用品です。現在では至るところに設置されていますね。あまりの便利さから、ウォシュレットがないと落ち着かない人もいるのではないでしょうか。

災害による停電で電気が使えないから仕方ない・・・。と、諦めることはありません!

当サイトでは、電池で動く携帯ウォシュレットを紹介しています。もとは海外の旅行用のものなのですが、実際使ってみると設置型のウォシュレットとなんら遜色はありません。しかも携帯型なので、一台あれば家族で使うことができます。

ウォシュレットがとても便利なものなのは、使っている人が一番よく知っているはずです。ウォシュレットが普及している現在だからこそ、備蓄しておきたいものの一つですね!

おすすめの携帯ウォシュレットはコレ!使い方を画像付きで解説!

衛生用品【体を清潔に保つだけでなく病気の予防にもつながる】

出典:https://www.photo-ac.com

大規模な災害が起こると電気・ガス・水道が使えなくなってしまいます。そうなると、料理だけでなくお風呂に入ることもできなくなってしまいます。

災害時には十分な食事が得られず病気に対する抵抗力が低下してしまうでしょう。加えてお風呂に入れなくなるため不衛生になり、風邪などの病気にかかりやすくなる可能性があります。

ですので、清潔な状態を保つため、水を使わなくても体の汚れを落とすことのできる衛生用品を備蓄しておきましょう。

また、津波や洪水、建物の倒壊が起こると、災害後には町中に粉塵が舞い散ります。この粉塵には菌が付着しているので、粉塵を吸い込まないためのマスクを用意しておくと安心ですね。

災害でお風呂に入れない時のために備蓄したい衛生用品5点を紹介

ウォータータンク【水をストックするための必需品】

主…:https://www.ac-illust.com

東日本大震災の時には、一ヶ月以上断水が続きました。水の問題を解決するため、自衛隊の方々が給水ポイントで水を配ってくれたのです。

これから先、大規模な災害が起きて長期間の断水となった場合には、上記と同じように自衛隊の方々に助けてもらうことになるでしょう。

ですが、水を受け取る際には水を入れるための容器が必要になります。水を配ってくれているのに水を入れるものがない!なんてことがないように、ウォータータンクを備蓄しておきましょう。

【ソフト・ハード別】防災用におすすめのウォータータンクを紹介

キャリーカート【力がなくても荷物の運搬が楽にできる】

出典:https://www.photo-ac.com

先程紹介したウォータータンクに水をいっぱいに入れたとしましょう。20Lのウォータータンクだった場合、20kgになります。なかなかの重さですね・・・。

ちなみに、自衛隊の給水車は学校の校庭といった施設で水を配ってくれます。車があればいいのですが、車がないと給水ポイントから自宅まで20kgの荷物を手持ちで運ぶことになります。

ですので、楽に重量物の運搬ができるようキャリーカートを備蓄しておきましょう。ウォータータンクを運ぶだけでなく、自宅から避難所に移る時の荷物の運搬など、様々な場面で使うことができますよ!

おすすめの折りたたみキャリーカートを紹介!選ぶ際のポイントも解説

単三電池【光源確保の必需品!ランタンとセットで】

出典:https://pixabay.com

当サイトでは、すべて単三電池で動くものを紹介しています。物によっては単一電池、単四電池を使うといったように電池の種類がバラバラだと、揃えて管理をするのが大変です。

ですので、電池の管理を楽にするため『単三電池のみ』としています。もう一つ単三電池を使う理由として、単三電池は目覚まし時計やリモコンなど、日常の様々なものに使われています。

電池の使用期限が迫ってきたら使いまわすことができるので、無駄に捨てる事もありません。ちなみに、災害対策の備蓄なので、電気を使う充電式の電池はオススメしていません。

電池の備蓄に変換アダプターは必要?電池の仕組みと共に解説

水・食料【生きるための必需品!十分な量の備蓄を】

出典:https://www.photo-ac.com

水と食料は生きていく上で必要なものです。何よりも最優先で確保しておきたいものですね。災害対策として備蓄するのであれば、消費期限の長いものが適しています。

レトルト食品・缶詰などですね。水も市販のものであれば1年はもちます。十分な量を備蓄すれば、足りなくなる心配はありません。

また、水や食料は毎日必ず消費するものです。備蓄している物の消費期限が迫ってきても、楽に消費できるメリットがあります。

オススメの備蓄品だけでなく、日常で消費しつつ、減った分を買い足すといったように、うまく運用していくことも大切です。

【主婦必見】災害に備えた水と食料の必要な備蓄量や役立つ知識を紹介

生理用品【女性の必需品!災害時のストレスを軽減するために】

出典:https://www.ac-illust.com

女性にとっては必需品ですね。大規模な災害が発生すると、スーパーやドラッグストア、ホームセンターに人が殺到して商品があっという間になくなってしまいます。

食品や水だけでなく、日用品も品切れになるでしょう。欲しい時に手に入らないなんてことがないよう、特に、必ず使う生理用品は前もって備蓄しておくことを強くオススメします。

今では保存期間が10年と長期保存できる生理用品があります。日常で使用する分と災害対策の備蓄用に、まとめて購入しておくのが有効的ですね。

【災害時の生理痛対策】緩和方法と備蓄したい生理用品を紹介

ベビ-用品【大切な子供のために災害時の品薄に備えよう】

出典:https://www.photo-ac.com

赤ちゃんがいると、離乳食やおむつが必要になります。また、おしりを拭きや、おしりがかぶれないように薬を塗ったりと必要なものがたくさんありますね。

過去の大災害を振り返ってみると、被災地ではベビー用品が足りなくなる現象が起こっています。流通が滞ってしまうため、需要と供給が追いつかないためです。

普段、ベビー用品は何を使っているのか一度整理して、離乳食や衛生用品を備蓄しておきましょう。

災害対策の備蓄におすすめのベビー用品5つと必要な備蓄量を解説

薬【命に関わるため手に入らなくなる前にストックを】

出典:https://www.photo-ac.com

災害時には満足な食事が得られず、また不衛生になりやすいので風邪などの病気にかかりやすくなります。そんな時のために、総合かぜ薬や解熱薬、胃腸薬といった常備薬は備蓄しておきたいですね。

また、被災地ではガレキなど様々なものが散乱しています。特に津波や洪水で流れついたガレキには菌が付着しています。ガレキによってできた切り傷に菌が入り込み破傷風になる危険があるので、消毒薬や包帯も備蓄しておくと安心です。

病院で処方してもらった薬を服用している人もいるでしょう。大規模な災害が発生すると、病院であっても薬が思うように手に入らなくなってしまいます。交通に障害がでてしまい流通がマヒしてしまうためですね。

かかりつけの病院に相談して、可能であれば薬を多めにもらうことを検討してみてください。

【実体験をもとに】災害時の薬不足のために備蓄の必要性を解説

夏場対策【停電時でも酷暑を乗り切るために】

出典:https://www.ac-illust.com

近年では夏場に30度を超える日が増えてきていますね。場所によっては35度を超えたりと暑さに対する対策をしないと、熱中症にかかる可能性があります。

災害はいつ起こるかわかりません。仮に、夏場に災害が起きて電気が使えなくなってしまうと、クーラーや扇風機を使うことができなくなってしまいます。

当サイトでは、電気を使わずに涼をとることができるものを紹介しています。季節に関わるものは、その時に買い足す傾向があるため、その場で買いに行っても品切れになっている可能性が非常に高いです。

ですので、品切れになって慌てることがないように、前もって備蓄をすることが大切です。

【停電】災害時でも夏場を乗り切るために!おすすめの備蓄品7選

冬場対策【冬の停電は致命的!寒さを乗り切るために】

出典:https://www.photo-ac.com

先程は夏場対策でしたが、冬場に災害が起こる可能性もあります。特に、冬場は日中でも氷点下になるようなところでは、災害で電気が使えなくなると暖房器具が使えなくなるため致命的です。

当サイトでは災害時における寒さ対策として、電気を使わない暖房器具を紹介しています。

季節もの商品なので、長期保存できたり繰り返し使用できます。日常でも、災害時でも使用できるので、無駄にしまっておくことがないメリットがありますよ!

【冬場の災害に備えて】防寒対策としておすすめの備蓄品5選

カー用品【停電時でも車があればスマホの充電が可能】

出典:https://www.photo-ac.com

意外と盲点なのがカー用品です。車を所持している人に限るのですが、カー用品ならではの便利な物があります。

例えば、シガーソケットを利用したスマートフォンの充電器などです。運転中の充電なので、災害による停電であっても関係なく充電できるのは助かります。

ただし、災害が起きて交通がマヒしてしまうとガソリンの流通がストップしてしまうので、本当に必要な時以外の車の使用は避けるようにしたいですね。

【災害時には車を活用】備蓄したいカー用品と車中泊の注意点を解説

備蓄量は1週間分が望ましい

いざ備蓄を始めよう!と思っても、どれくらいの量を備蓄していいのか迷ってしまいますよね。備蓄量は『1週間』を目安にしましょう。

1週間分の量は、大規模災害を想定した量です。『激甚災害』と呼ばれるものですね。個人的には1週間分でも足りないと感じていますが、さすがに備蓄品を保存しておくのにも場所が必要です。

一般的に備蓄量は3日分とされていますが、3日で電気・ガス・水道が復旧するような規模なら備蓄しなくても何とかなります。一番怖いのは激甚災害で、電気・ガス・水道のすべてが復旧までに一週間以上かかります。

ですので、激甚災害を想定した備蓄をすることが大切です。何度も言いますが、被災した地域では、驚くほど商品が手に入らないということを覚えておきましょう。

まとめ

今回紹介した災害対策に必要な備蓄品をまとめます。

用途 備蓄品
キッチン用品 カセットコンロ
照明 ランタンロウソク
情報収集 ポケットラジオ
電源 モバイルバッテリーポータブル電源単三電池
トイレ用品 非常用トイレ携帯ウォシュレット
日用品 トイレットペーパー・ティッシュペーパー
衛生 衛生用品生理用品ベビー用品
食品 水・食料ウォータータンク
季節 夏場対策冬場対策
その他 キャリーカートカー用品

備蓄量は、激甚災害を想定した一週間分が望ましいです。正直、もう災害はこりごりですし、この記事を読んでいる人にも災害にあってほしくありません。

ですが、いつ何が起こるかわからないのが現実でもあります。災害時でも家族全員が無事であり、災害時でも日常に近い生活を送るために、今からでも災害対策として備蓄を始めましょう!