津波

【東日本大震災での被災経験】津波から避難する際の3つのポイント

日本は海に囲まれている国です。そのため、過去には幾度となく津波による被害が発生してきました。これから先も、津波は発生するでしょう。

この記事では、実際に東日本大震災で被災した経験をもとに、津波から避難をする際のポイントを3つ紹介しています。実際に避難をする際の参考にしてみてくださいね!

他にも、避難に役立つ知識を紹介しているので、避難場所・避難経路を決めるのに役立つ内容になっています。

津波からの避難は時間との勝負になります。いざという時にでも慌てずに行動できるように当記事を役立ててください。

出典:https://www.photo-ac.com/

【避難に役立つ津波の知識①】海抜ってなに?

出典:https://www.photo-ac.com/

海抜とは、近隣の海水面から測った陸地の高さです。例えば「海抜2m」の土地であれば、近くにある海水面より2m高い土地ということです。

海抜と津波って関係あるの?と感じるかもしれませんが、大きく関係してきます。海抜が高ければ高い土地であるほど、津波の被害は少なくなりますし、避難場所にもうってつけです。高台へ避難することになりますからね。

逆に、海抜が低い土地ほど津波による被害を想定すべきです。特に、海面より低い土地「海抜ゼロメートル地帯」は水害に弱いという特徴があるので、避難場所・避難経路は必ず決めておきましょう!

「海抜ゼロメートル地帯」は主に湾岸部に集中しています。ほとんどは太平洋側ですが、新潟市といった日本海側にも存在しています。

注意点として、海抜は「干潮時と満潮時の年間平均を基準」としています。海抜1mの土地であれば、気候や時間帯によっては潮が満ちて海面と同じ高さになり得るということを覚えておきましょう。

【避難に役立つ津波の知識②】遡上高と津波の高さ

「遡上高(そじょうこう)」と読みます。これは、到着した津波が陸地をはい上がったとき、最も高くなった場所のことです。遡上高は津波の高さの2~4倍になると言われています。

「津波の高さ」は海岸に達した津波の高さで、検潮所といった観測施設で観測します。気象庁が発表する津波の高さはこちらですね。遡上高・津波の高さ共に、平常時の海面の高さを基準にしています。

津波から避難をする際には、津波の高さだけでなく遡上高も考慮して避難することが重要です。

僕の住んでいた町では、東日本大震災で発生した津波の遡上高が30mに達したところがありました。その時の話を聞いてみると、普段は海を見下ろせるほどの高台であっても、家の目の前にまで波が迫ってきたので生きた心地がしなかったそうです。

【避難に役立つ津波の知識③】津波は猛スピードでやってくる

遡上高が高くなる原因の一つに「津波の速さ」があるのではないでしょうか。以下の図をご覧ください。

津波は陸地に近づくにつれ速度が落ちていきますが、それでも陸地では時速36kmもの速さで流れます。といっても、時速36kmってどのくらいの速さなのかわかりにくいですよね。

「ママチャリ」を全力で漕いだ状況を想像してみてください。歩く人・走る人・自転車を普通に濃いでる人、疲れますがみんな抜き去って気持ちいいですよね。ママチャリの全力で時速30kmほどです。

津波はそれ以上の速さで迫ってくるのです。しかも地形無視の一直線で・・・。走るのはもちろんのこと、車であっても道路しか走れないので逃げ切るのは難しいでしょう。いかに早く避難を開始するかが重要になりますね。

【津波からの避難に備えて】地域のハザードマップを確認する

出典:https://www.photo-ac.com/

津波の特長を知ればハザードマップの見方も変わってくるでしょう。「ここって本当に大丈夫な場所なの?」と疑念が浮かんでくると思います。

個人的な見解ですが、僕はそのくらい慎重になるべきだと感じています。「想定外の事態」を念頭においておけば生存率が高まるからです。

国や市町村、専門家が計算したからといって当てはまるものではありません。必ず想定外の事態は起こります。過去の大災害がその最たる例です。

「ハザードマップをさらに酷い状況にしたのをもとに」避難場所や避難経路を決めることを強く勧めます。

過去の津波の歴史を参考にする

出典:https://www.ac-illust.com/

住んでいる地域の歴史を参考にするのも津波対策には効果的です。過去にどのような津波の被害があったのかを知れば、津波の到達範囲や津波の被害を予測しやすくなります。

過去に津波が到達した記録があれば、これから先津波の被害に遭う可能性はあるでしょう。津波が来たという事実があるわけですからね。

また、太平洋側と日本海側では津波の性質が変わってくることから、地域の歴史を調べることは有効であると言えます。

日本海側で発生する津波は、太平洋側と比べて津波の到達時間が速い傾向があります。過去には5分で津波が到達した記録も。

津波の避難経路を実際に確認する

出典:https://www.photo-ac.com/

津波の避難経路を決めたら、実際に足を運んでみることを強く勧めます。理由はカンタン、実際に行ってみないとわからないからです。

とはいえ、難しく考える必要はありません。気軽に、散歩ついでやピクニックでもいいです。実際に足を運ぶことが重要なのですから。実際に足を運ぶことで、気が付くことがありますからね。

また、大規模な災害が発生すると道路は混雑します。車での避難が適切なのか、走って逃げた方が適切なのか決めておけば、いざという時に慌てることはありません。

場合によっては、避難場所からさらに避難することもあるでしょう。近くに高台がないかチェックすることをオススメします!

東日本大震災の際には、指定された避難場所が津波で流された場所がありました。さらに山を登って助かった人もいましたが、亡くなった方も大勢いました。想定外の事態は起こるものです。

【避難する際のポイント①】津波警報が発表されたら避難する

出典:https://www.photo-ac.com/

津波警報が発表されたのに津波がこなかった、大したことがなかった。ってことが何度か続くと、警戒が薄れて避難しなくなるものですよね。僕も実際そうでした。今思えば運がよかっただけなんですが・・・。

どうして津波警報が発表されたら避難するのか、まずは津波警報・注意報の種類を見ていきましょう。

種類 予測される津波の高さ
(数値での発表)
想定される被害
とるべき行動
大津波警報 10m超
(10m~)
木造家屋の全壊・流出し、津波によって人が流されてしまいます。
沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください
10m
(5~10m)
5m
(3~5m)
津波警報 3m
(1~3m)
住宅の浸水。津波によって人が流されてしまいます。
沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波注意報 1m
(20cm~1m)
人は海の速い流れに巻き込まれます。
海の中にいる人は、ただちに海から上がって、海岸から離れてください。

参考:気象庁ホームページ 津波警報・津波注意報の種類
参考元URL:https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/joho/tsunamiinfo.html

津波警報で予想される高さの津波が襲ってきたら、人は簡単に流されてしまうから避難が必要になるわけです。早めの避難も忘れずに。

ちなみに、マグニチュード8を越える巨大地震の場合は精度のある情報を求めるのが難しいため、最初の発表では「巨大(大津波警報)」「高い(津波警報)」と発表し、精度のある情報が求められてから数値で発表します。

【避難する際のポイント②】可能な限り高い場所を目指す

出典:https://www.photo-ac.com/

「遠くへ逃げる」のではなく「高い場所へ避難する」ことを目指しましょう。津波は猛スピードで襲ってくるため、遠くへ逃げても追いつかれる可能性があります。そのため、高い場所を目指して避難をした方が生存率は高くなるわけです。

過去に高い津波が発生しなかったから「このくらいの高さなら安心」と警戒を緩めないようにしましょう。

もし津波が過去に類を見ない規模の津波だったら・・・。避難場所にまで津波が押し寄せるかもしれません。ですので、津波から避難する際には、可能な限り高い場所へ避難するようにしましょう!

【避難する際のポイント③】津波警報が解除されるまでは避難する

出典:https://www.photo-ac.com/

津波は一度で終わらないものです。時間をおいて第2波・第3波と繰り返し押し寄せてきます。津波が引いたからといって、すぐに避難場所を離れることは絶対にやめましょう!

実際に、家の様子や川・海の様子を見に行った人が第2波の津波に流されたというのは少なくありません。

また、1回目の津波より後の津波の方が規模の大きい津波となることもあります。長丁場になりますが、津波警報が解除されるまでは避難を続けるようにしましょう。

まとめ

津波は何でも飲み込んでしまう恐ろしい自然災害です。だからこそ、早めの避難が重要になります。避難する際のポイントをまとめると、

  • 津波警報が発表されたら必ず避難を開始する
  • 大きな揺れを感じた時点で津波を警戒する
  • 可能な限り高い場所へ避難する
  • 津波警報が解除されるまでは避難を続ける

です。また、前もって避難場所や避難経路を決めておくと、いざという時に慌てることがありません。避難場所を決める際には、地域の津波の歴史とハザードマップを参考にしてみてくださいね!

避難場所が決まったら、実際に足を運んでみることも重要です。大規模な災害が発生すると、渋滞により車での移動は困難となるでしょう。車が使用できない事を考えて避難経路を確認してみてください。

どの災害にもいえることですが、「想定外の事態」を念頭において対策をしておくことを忘れないようにしましょう。

津波対策で個人ができることは?避難に役立つポイントと併せて解説この記事では、津波対策としてなぜ個人の判断で逃げるべきなのかを解説しています。他にも、津波対策のポイントを紹介しているので、避難計画を立てる際に役立つ内容になっています。...
RELATED POST