台風

台風により発表される警戒レベルとは?避難を始める目安と心構え

台風が接近してくると天気予報が慌ただしくなります。特に記録的な台風が予想される場合には、警報がひっきりなしに発表されます。

そんな中で「警戒レベル」という言葉を耳にしたことはありませんか?警戒レベルは台風情報の中で注目したいものの1つ。

台風による被害を避けるための知識として、この記事では台風の際に発表される警戒レベルについて解説しています。

警戒レベルとは何なのか、台風により避難を始める目安、情報に対する心構えを紹介しているので、台風により避難をする際に役立つ内容になっています。

出典:https://www.photo-ac.com/

台風により発表される警戒レベルってなに?

出典:https://www.ac-illust.com/

災害時には自分の命は自分で守る「自助」が鉄則になります。そして、避難をするかしないか、という判断も自分で決めなくてはいけません。

とはいえ、何の情報もなしに災害の危険度を推測して「避難をしよう!」と決めるのは難しいですよね。

そこで、自治体や気象庁から発表される防災情報から、私たちがどんな行動をとるべきか理解しやすいよう、警戒の度合いを5段階に分けたものが「警戒レベル」です。

情報 とるべき行動 警戒レベル
  • 大雨特別警報
  • 氾濫発生情報
何らかの災害が既に発生している可能性が極めて高い状況。
命を守るための最前の行動をとる。
警戒レベル5相当
  • 土砂災害警戒情報
  • 氾濫危険情報
  • 高潮特別警報
  • 高潮警報
  • 危険度分布(うす紫)
地元の自治体が避難勧告を発令する目安となる情報。
避難勧告が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて自ら避難の判断を。
警戒レベル4相当
  • 大雨警報(土砂災害)
  • 洪水警報
  • 氾濫警戒情報
  • 高潮注意報
  • 危険度分布(赤)
地元の自治体が避難準備・高齢者等の避難開始を発令する目安となる情報。
危険度分布や河川の水位情報等を用いて高齢者等の方は自ら避難の判断を。
警戒レベル3相当
  • 氾濫注意情報
  • 危険度分布(黄)
ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路の確認を。 警戒レベル2相当
  • 大雨注意報
  • 洪水注意報
  • 高潮注意報
ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路の確認を。 警戒レベル2
  • 早期注意情報
最新の情報に留意し、災害への心構えを高める。 警戒レベル1

参考:気象庁ホームページ 防災気象情報をもとにとるべき行動と、相当する警戒レベルについて
参考元URL:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/alertlevel.html

警戒レベルと暴風警報の関係

出典:https://www.ac-illust.com/

警戒レベルの一覧を見て気になった方がいるのではないでしょうか。台風の際に発表される「暴風警報」がありませんよね。

警戒レベルの一覧には「暴風警報が発表されている際の高潮警報に切り替える可能性が高い注意報は、避難が必要とされる警戒レベル4に相当する」と捕捉されています。

これは、高潮となる前に暴風によって避難することが困難になることが考えられているためです。高潮警報が発表されたにもかかわらず、暴風により避難できないと危険ですからね。

高潮による被害が及びそうな場所では、暴風警報が発表された時点で避難を開始しましょうということなのです。

高潮ってなに?

出典:https://www.photo-ac.com/

高潮とは、台風や発達した低気圧が通過する際に、潮位が異常に上昇する現象です。

高潮による被害は、住宅の浸水や農地・森林への塩害だけでなく、溺死や漂流物による怪我といった人的被害も発生します。

高潮は気圧の低下と強風によってもたらされるものです。津波ほどの威力はないにしろ、押し寄せる海水の量は尋常ではないので、早めの避難が重要になります。

暴風警報はどんな基準で発表されるの?

出典:https://www.photo-ac.com/

暴風警報は「平均風速がおおむね20m/秒を超える場合」とされています。とはいえ、地域によって過去に発生した災害や地形、街並みが違うため、どのくらいの規模で災害となるか変わってきますよね。

そこで、各地方ごとに警報を発表する際の基準を設けており、この基準をもとに警報・注意報などの発表を行っています。

例えば、東京23区だと陸上の平均風速25m/秒、大阪府だと陸上の平均風速20m/秒、岩手県盛岡市では平均風速16m/秒16といったように地域によって基準が変わります。

風速20m/秒ってどれくらいの強さ?

人であれば歩行が困難となる強さです。また、瓦などの屋根部材が飛散するので、外出するのは危険となるレベルです。

注意報・特別警報の基準は?

出典:https://www.photo-ac.com/

注意報に関しては「平均風速がおおむね10m/秒を超える場合」とされています。こちらも地域によって基準が変わってくるので、あくまでも目安として捉えてくださいね!

特別警報に関しては、気象庁では以下のように発表条件を定めています。

「伊勢湾台風」級(中心気圧930hPa以下又は最大風速50m/s以上)の台風や同程度の温帯低気圧が来襲する場合に、特別警報を発表します。
ただし、沖縄地方、奄美地方及び小笠原諸島については、中心気圧910hPa以下又は最大風速60m/s以上とします。

引用:気象等の特別警報の指標(発表条件)
引用元URL:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/kizyun.html

特別警報は警戒レベル5相当の警報です。風速50m/秒ともなれば、建物や樹木が倒壊する可能性のある風速なので、直ちに避難する必要があります。

台風により避難を開始する警戒レベルの目安は?

出典:https://www.photo-ac.com/

警戒レベル3となった時点で避難を視野に入れましょう。警戒レベル5になった時点で避難を開始しても暴風で避難が困難となる可能性があるので、早めの避難を心掛けましょう。警戒レベルは、

  • 警戒レベル1:災害への心構えを高める
  • 警戒レベル2:ハザードマップ等で避難行動を確認
  • 警戒レベル3:避難準備が整い次第、避難開始。高齢者等は速やかに避難
  • 警戒レベル4:速やかに避難
  • 警戒レベル5:災害がすでに発生しており、命を守るための最善の行動をとる

参考:気象庁ホームページ 防災気象情報と警戒レベルとの対応について
参考元URL:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/alertlevel.html

となっています。テレビやラジオ、インターネット等から気象情報をチェックし、遅くても警戒レベル4になった時点で避難を開始することを勧めます。

とはいえ、「警戒レベル4になってないから避難しなくてもいいや」と判断するのは危険です。理由は次の項目で・・・。

警戒レベルはあくまでも目安として

出典:https://www.photo-ac.com/

警戒レベルは避難を開始する目安とするための情報ですが、それだけを鵜呑みにしないようにしましょう。

警戒レベルは地域というまとまった範囲で発表されます。同じ地域でも場所によっては土砂災害に弱い場所だったり、河川に近い場所があるので、警戒レベルが低くても災害が発生する可能性があります。

そこで役立つのがハザードマップですね。災害が起こりやすい場所に住宅があれば、発表された警戒レベルが低くても避難をすべきか判断する材料となるので、災害に遭う可能性を抑えることができます。

あくまでも避難の判断を下すのは自分自身です。警戒レベルだけでなく、ハザードマップも活用することで、必要であれば早めに避難することも重要です。

お住いの地域のハザードマップを確認したい方は以下のリンク先から調べることができます。簡単に調べることができるのでオススメですよ!


リンク先:国土交通省 国土地理院 ハザードマップポータルサイト~身のまわりの災害リスクを調べる~

避難場所はあらかじめ決めておく

出典:https://www.ac-illust.com/

「避難したいけどどこに避難しよう?」と慌てないよう、あらかじめ避難場所を決めておきましょう。ここでも、ハザードマップが役立ちます。

指定された避難場所にこだわる必要はありません。自宅から近い場所に避難に適した場所があれば、そちらを利用など臨機応変に対応しましょう。

台風により警戒すべき災害は大雨・土砂災害・洪水・高潮・暴風です。崖の近い場所や河川・海の近い場所は危険となります。そのような場所から離れた、高さのある丈夫な建物が有効ですね。

万が一避難が遅れてしまった時は近隣にある丈夫な建物か、外出が困難な場合には自宅内で最も安全な部屋に避難しましょう。

まとめ

警戒レベルとは、自治体や気象庁から発表される防災情報から、私たちがどんな行動をとるべきか理解しやすいよう、警戒の度合いを5段階に分けたものです。

警戒レベル3になると各種警報が発表されるので、いつでも避難を開始できるよう体制を整えておきましょう。遅くても、警戒レベル4の時点で避難を開始したいですね。

また、警戒レベルはあくまでも目安なので、ハザードマップで自宅周辺の想定される被害状況を確認し、必要であれば早めに避難の判断をすることが重要となります。

災害時には自分の命は自分で守る、避難開始の判断は自分でしなければなりません。その判断をするための情報の1つとして、警戒レベル等の情報を活用していきましょう。

【台風用語の解説も併せて】台風の風速の強さによる被害の目安を解説この記事では、台風の風速の強さによる被害の目安を解説しています。被害の想定ができることにより、台風対策がしやすい内容になっています。他にも、台風情報で出てくる用語を詳しく解説しているので、台風情報をチェックする際に役立ててください!...
RELATED POST