台風

【思わぬ事態】台風で屋根が飛ぶとこんなことが!リスクと対策を解説

日本は台風が発生しやすい場所にあります。毎年、台風による被害が報告されていますね。風災・水災・落雷と台風が及ぼす災害は様々です。

この記事では、台風被害の一つである屋根の破損について取り上げています。台風により屋根が飛ばされるのはどのような状況か、屋根が飛ばされることによって発生するリスクについて解説しています。

他にも、屋根が飛ばされないための対策法や屋根が破損してしまった時に備えた対策を紹介しているので、盲点になりやすい屋根の台風対策に役立つ内容になっていますよ!

普段目に見えないところなので対策することを忘れてしまい、トラブルが発生してから慌ててしまうものです。台風シーズンがやってくる前に対策をしておきましょう。

当記事で紹介している対策は、被害に遭う可能性を減らすためのものであり、台風の規模によっては完全に防ぐことはできません。身の危険を感じたら、命を守るための行動をとりましょう。

出典:https://www.photo-ac.com/

台風により屋根が飛ぶのはどんな状況?

台風により屋根が飛ばされる状況は大きく分けて2つあります。どんな状況の時に屋根が飛ばされるのか見ていきましょう。

割れた窓ガラスから風が吹き込む

飛散物などにより窓ガラスが割れ、そこから家の中に吹き込んできた風が家の内側から屋根を押し上げて飛ばされてしまうものです。

外側から強風であおられても屋根はそうそう飛ぶものではありません。風の圧力を逃がしているからですね。

一方、家の中に吹き込んできた場合は屋根を上へ持ち上げようとする風の圧力をモロに受けてしまうので、屋根自体が飛ばされてしまうのです。新築の住宅であっても起こり得る状況なので怖いですね。

劣化した場所から飛ばされる

出典:https://www.photo-ac.com/

屋根はあらゆるものから私たちや家を守っています。直射日光であったり、雨であったり・・・、だからこそ劣化もしてきます。

また、屋根は劣化に一番気が付きにくいところですよね。気軽に点検できる場所にあるわけではないですし、屋根の上に上がるわけにもいきません。

知らず知らずのうちに屋根に打ち付けてある釘が抜けてきて部材が浮いていた、瓦がずれたり割れていた、なんてことがあるものです。

そういった劣化した場所に強風が吹きこむと、そこから瓦やトタンといった屋根を覆っているものが吹き飛ばされてしまうのです。

台風で屋根が飛ぶとこんなことが・・・

出典:https://www.photo-ac.com/

屋根が機能しなくなる、または無くなってしまうと雨漏りが発生しますね。家の中が水だらけになって家具や家電がダメになってしまう可能性があります。

また、屋根がなくなってしまうと家の柱までもが濡れてしまい、柱が腐ってしまう原因となります。そうなると、家の強度に問題が生じてしまいますね。

自分の住宅だけならまだしも、飛ばされた屋根の部材が近所の住宅にぶつかって破損させてしまったり、人にぶつかって大ケガをさせてしまったら気が気ではないです。

屋根が飛ばされるということは、上記で解説したような様々なリスクを負うことになります。

台風で飛んだ屋根が近隣の住宅にぶつかったら

第七百十七条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

参考:総務省 電子政府の総合窓口 e-Gov 民法
参考元URL:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089

用語の解説

瑕疵(かし)→傷や欠点。この場合、欠陥のこと
占有者→マンションや賃貸物件で言えば借りて住んでいる人のこと
所有者→マンションや賃貸物件で言えば大家さんのこと

いきなり難しい法律がでてきましたね。ですが、難しいからと言って無視するわけにもいかないのが悲しいところです。

さて、台風により飛んだ屋根が近隣の住宅にぶつかって住宅を破損させてしまったらどうなるのか、2つのパターンがあります。それぞれ見ていきましょう。

パターン① 損害賠償を負わない

出典:https://www.photo-ac.com/

台風の場合、ほとんどがこちらに該当するのではないでしょうか。その理由は、自然災害による不可抗力だからです。

通常、屋根が飛ぶほどの台風となると相当なものです。それこそ激甚災害に指定されるようなものですね。

また、激甚災害に指定されなくても台風が直撃した地域で、屋根が飛ぶような被害が多発したのであれば自然災害による不可抗力として認められるでしょう。

要は、いくら対策をしても被害が発生する様な自然災害であれば、不可抗力として損害賠償が発生することはないということです。

こちらに瑕疵がないということを認めさせるのであれば、台風が直撃する前に屋根の状態を写真に収めておくのも一つの手です。

パターン② 住宅に瑕疵がある場合

出典:https://www.photo-ac.com/

上記の法律にあるように、瑕疵のある場合は損害賠償が発生します。例えば、台風じゃなくても屋根の部材が飛んでいきそうなほどボロボロだったにもかかわらず、修理や補修を一切しなかった。

そんな状況で台風により屋根の部材が飛んで近隣の住宅を破損させてしまったら、損害賠償が発生します。激甚災害級の台風であってもです。

民法では建物の保存や設置に欠陥があった場合の損害の賠償は誰がすべきか、を定めています。したがって、住宅に欠陥があった場合には損害に対する賠償をしなければいけないということになります。

ここ、最重要です。建物を所有している以上、最低限のメンテナンスはしなければいけないということを忘れないようにしましょう。

賃貸の場合の責任誰が負う?

もう少し掘り下げていきましょう。例えば、Aさんが所有する家をBさんが借りたとします。その住宅は屋根が劣化していて、台風の風力に耐えられそうにないと感じたBさんは屋根の補修をしました。

そこで都合よくやってきた台風。この台風によりBさんの住んでいる住宅の屋根が飛ばされてしまい、その破片が隣の住宅を直撃して破損させてしまいました。

この場合、Bさんは「損害の発生を防ぐ必要な注意」をしています。ですので、占有者であるBさんが責任を負うのではなく、所有者であるAさんが責任を負うことになります。

とはいえ、やったやらないの口問答だけでは認めてもらえないのが裁判の難しいところです。台風対策をした際には、屋根の状況を写真に収めることが重要ですよ!

台風により屋根が飛ばないために

ここでは、台風で屋根が飛ばないための対策を3つ紹介します。台風による被害を避けるためにはどんな対策をすればいいか、参考にしてみてください。

飛散しそうなものは屋内にしまう

出典:https://www.photo-ac.com/

台風により窓ガラスが割れる主な理由は飛散物によるものです。風の圧力で窓ガラスが割れることは稀な事なんですね。

風速20m/秒を超えると物が飛ばされるといった被害がではじめます。台風は低気圧域内の最大風速が17.2m/秒以上になったものなので、屋外にあるものは風で飛ばされる可能性が非常に高いことになります。

飛散物により窓ガラスが割れてしまったらそこから風が入り込み、屋根を押し上げる圧力で屋根を飛ばしてしまうリスクが高まります。

ですので、プランターや物干し竿などの風で飛ばされそうなものは、台風が直撃する前に屋内へ避難させておくことで、飛散物による窓ガラスの破損を防ぐことができます。

窓が割れないための工夫をする

出典:https://www.photo-ac.com

窓ガラスを守るための方法として、シャッターや雨戸を活用しましょう。シャッターや雨戸は台風に対して非常に優秀で、飛散物から窓ガラスを守ってくれます。

また、防犯ガラスや防犯フィルムといった窓ガラスの強度を高めるものも、飛散物に対して有効です。ヒビは入りますが、貫通しないので風の侵入を防いでくれます。

窓ガラスが割れると屋根が飛ばされるリスクが高まるだけでなく、雨が家の中に侵入して家具や家電をダメにしてしまったり、割れたガラスの破片でケガをする可能性が高まるので非常に危険です。

シャッターや雨戸、防犯ガラスなどは後付けが可能なものなので、台風対策が不十分と感じたら設置することを勧めます。オススメは、設置費用が安価な雨戸です。

【リショップナビ】では、無料でリフォームの一括見積ができるだけでなく、リフォームの希望をもとにコンシェルジュが厳選した会社を紹介してくれます。

Web上だけだと、どうしても伝えきれないことがあるもの。詳細を確認するための電話の際には、不安や疑問点を直接相談できるメリットがあります。

また、万が一工事ミスが発生した場合に備えた「安心リフォーム保証制度」があるのは安心できますね。

屋根の劣化をチェック

出典:https://www.photo-ac.com/

いくら住宅といえど年数が経つにつれ劣化してくるものです。屋根も例外ではありません。知らない間に瓦が割れていたり、棟板金に打ち付けてある釘が抜けそうになっていたりするものです。

こうした屋根の劣化した部分に風が入り込み、屋根や部材を吹き飛ばしてしまうのです。とはいえ、自分で屋根の状況を確認するわけにもいきません。というか、危険なので絶対にやめましょう。

屋根の上は専門業者ですら足を滑らせて落下することがあるほど危険な場所です。

屋根の劣化状況を確認する際には専門業者に頼むのが確実です。5年を目安に、定期的にメンテナンスをしてもらうことで、台風による屋根の破損の可能性を減らすことができます。

急な雨漏りだけでなく、屋根のリフォームや防水工事、瓦屋根工事など幅広く対応しています。24時間365日いつでも受付が可能なので、好きな時間帯に問い合わせ可能です。

必要な部分のみ施工できるので低価格なだけでなく、追加費用が不要な点が安心できるポイントですね!


台風で屋根が飛んだ時に備えて

出典:https://www.photo-ac.com/

台風により屋根が破損してしまったら修理しなければいけません。とはいえ、修理にはお金がかかるのが現実問題です。

でも、「台風保険なんて聞いたことないし、台風被害って保険の対象になるの?」と疑問に思ってしまいますよね。

結論を言えば、台風被害に適応される保険は「火災保険」です。台風による被害は風だけではありません、水害や落雷といった被害もあります。火災保険は、そのような被害でも適用されます。

自然災害による金銭問題は少なくありません。僕が経験した東日本大震災でも修理費用やローンの返済といった問題がありました。もしもの時の備えとして、保険の在り方を見つめ直してはいかがでしょうか。

住宅本舗の火災保険一括見積もりサービスなら保険プランナーが居住地域で異なる災害の種類などを考慮し、適切なプランを設計してくれます。

Webのみでの手続きだと、最適なプランを選ぶのに知識が必要なことがあります。保険プランナーと相談しながらプランを選べるのは大きなメリットですね。

屋根の台風対策はシーズン前に済ませる

いつの時代もそうですが、その時になって慌てて対策をするという場合がほとんどです。経験しなければわからないから、といわれれば仕方ないのですが・・・。

僕自身も、東日本大震災での被災経験がなければ災害に対する備えは今でもしていなかったでしょう。経験をしたからこそ、こうやって発信しているわけですからね。

例えば、夏場のエアコン設置なんかは数か月待たされることなんてザラです。そのシーズンになると受注が増えて工事業者が忙しくなるためです。

これは災害にもいえることで、台風シーズンの時には施工業者は忙しくなります。対策をしたくても間に合わなかった、なんてことがないように台風シーズンが来る前に対策をしておくことを強く勧めます。

まとめ

台風により屋根が飛ばされてしまった、という事例は少なくありません。新築の住宅でさえ屋根が飛ばされる事案があるほどです。

台風により屋根が飛ばされる主な理由として、割れた窓ガラスから風が吹き込んだ、屋根の劣化した場所に風が吹き込んだことによる2つの理由が挙げられます。

窓ガラスが割れないための工夫、屋根の定期的なメンテナンスをすることにより、台風で屋根が飛ばされる可能性を減らすことができます。

自然災害によるトラブルというのは起こるものです。リスクをいかに減らすかが、災害対策をするうえで重要になることを忘れないようにしましょう。

【猛烈な風】台風対策として窓ガラスを守るための方法を6つ紹介この記事では、台風の窓ガラス対策の方法を紹介しています。対策をするうえでのポイントをまとめているので、対策の方法を選ぶのに役立つ内容になっています。...
RELATED POST