生活

【保温材と凍結防止帯が効果的】水道管の凍結を防ぐためのひと手間

起床して顔を洗おうと蛇口を捻ってみたものの、水が出なかった時の絶望感は尋常ではありません。冬の季節ではよく見られる光景ですね。

この記事では、そんな悲劇を防ぐため、水道管の凍結を防ぐ方法を紹介しています。取り付けの手間はかかりますが、一度の手間で数年は効果を発揮してくれるので、毎日手間をかけたくないという方にとっては特にオススメの方法です。

他にも、見落としてしまいがちな場所の凍結防止策や、凍結してしまった場合の対処法を紹介しているので、いざという時に役立つ内容になっています。

厳しい冬の寒さでも快適に生活できるよう、水道管の凍結に困っている方は、ぜひ実践してみてください。

住宅の水道管の状況を把握しておこう

出典:https://www.photo-ac.com/

あなたが実際に住んている住宅の、給湯器の場所や水道メーターの場所はわかりますか?元栓の止め方はわかりますか?

水道管が凍結した際に破損してしまい「水を止めたい!」と思っても、元栓の場所や止め方がわからないと、どうすることもできないですよね。

また、水道管の場所がわからないと、これから紹介する凍結防止の対策をすることができません。

ですので、対策をする前に給湯器に接続されている水道管や、水道メーターの場所を確認しましょう。同時に、元栓を操作して水を止めるということにも慣れておくと、いざという時に水の止め方がわからなくて慌てることがありません。

これ以外にもメリットはあります。築年数の古い建物であれば、住宅の設備にガタがきているものです。ちょっとした確認から、水道管の破損や漏水といったトラブルの早期発見に繋がるので、水道管の確認をしてみることを勧めます。

どんなところが凍結しやすいの?

出典:https://www.photo-ac.com/

上の画像は給湯器の配管を写したものです。灰色のテープが巻かれているのが「保温材」ですね。

中には保温材が付いておらず、水道管がむき出しになっている場合があります。そのような、水道管がむき出しになっている所は凍結しやすいです。

また、外に設置されている水栓柱や散水栓も外気にさらされているため凍結しやすい場所になります。

屋内だと、洗面所や台所に設置されている水道などの、大きな窓に近い場所が外気により気温が低くなりやすいため、凍りやすいです。

水道管の凍結防止には「保温材」と「凍結防止帯」を

水道管の凍結防止には、保温材と凍結防止帯の取り付けが一番確実ではないでしょうか。取り付けの手間はありますが、一度取り付けてしまえば、5~10年使用できるため、長い目で見れば手間が少ないです。

自分で取り付けることもできますが、水道工事業者に取り付けをお願いしてもらった方が、間違った施工をしてしまうことがないためオススメです。

水道管がむき出しになっている所や、保温材が経年劣化でボロボロになっている場合には、保温材と凍結防止帯を取り付けましょう。

タオルを巻くのはダメなの?

タオルを巻いておくという方法もありますが、雪や雨で濡れてしまえばタオルごと凍結してしまうので、タオルの巻き付けは「屋内」の水道管だけにしましょう。

ただし、結露でタオルが濡れる可能性があるため、過信しないようにしてください。

個人的には、タオルを巻く手間と交換する手間がかかる、タオルごと凍結することがあるためオススメはしません。

屋外の水道管の凍結さえ防げれば、屋内の水道管は凍結することが少ないので、凍結しやすい屋外の水道管の凍結防止に注力した方が確実です。

不安な場合には「水抜き」を

「保温材や凍結防止帯だけじゃ不安…」という方は、水抜きをしましょう。ちょっと寒いですが、外に出て水道メータボックス内にある水道の元栓を閉めましょう。

それから、トイレや洗面所、お風呂場、台所の蛇口をすべて水が出なくなるまで開け続けます。以上で水抜きは終了です!

水抜きが終わったら、蛇口を閉めましょう。これは、万が一止水栓が機能していなくて水が止められていない場合、水が出っぱなしになってしまうからです。

【気温が高い地域】水道管の凍結防止は保温材でOK

「なんで保温材だけでいいの?」と疑問に感じてしまいますよね。気温が「マイナス4℃」になると、水道管が凍結するとされています。

太平洋側の地域では、日本海側と比べて気温が高い傾向にあるため、マイナス4℃を下回ることは少なく、凍結することはほとんどありません。

保温材を取り付けることで、マイナス4℃以上の寒気に耐えることができるため、気温の高い地域では保温材だけで凍結を防げるのです。

もし水道管が凍結してしまっても、日中の気温が高いため氷が溶けるのが早いので、凍結防止帯を付けるまでもないわけですね。

【気温が低い地域】水道管の凍結を防ぐために凍結防止帯を

北海道、東北地方、日本海側、関東・関西の内陸部といった「豪雪地帯」と呼ばれる地域では、シャレにならない寒さとなります。このような地域では、保温材だけでは対処しきれません。

日中でも気温がマイナスになることがあるので、一度凍結してしまうと溶けるまでに時間がかかってしまい、致命的となります。

凍結防止帯は水道管に巻くヒーターです。意外なことに、気温の低い地域であっても、取り付けていない所は多いです。

水道管に取り付いてある保温材から、プラグのコードが出ていれば凍結防止帯が付いていることになります。もし、保温材からプラグのコードが出ていなければ、凍結防止帯が付いていないことになるので、取り付けることを勧めます。

凍結防止帯のデメリット

凍結防止帯は電気で動くものです。冬になったとたんに、いきなり電気料金が跳ね上がったて驚いた方もいるのではないでしょうか。

凍結防止帯には「サーモスタット」と呼ばれる、温度で電源のON・OFFを切り替える機能がありますが、気温が低すぎるためにOFFにならず、常時作動しっぱなしの状態になることが多く、そのために電気代が跳ね上がるのです。

中には、電気代節約のために、凍結防止帯のプラグをコンセントから抜いている方もいるほどです。こうなってしまうと、水道管が凍結してしまうわけですね。

「凍結するのはイヤだけど、電気代がシャレにならない」という方のために、以下の商品をオススメします。

温度だけでなく、風や太陽光を感知することにより、適切な状況で電源のON・OFFの切り替えをしてくれます。

このセンサーにより、常時作動しっぱなしの状態が解消されるので、節電効果が見込めるわけです。取り付けは簡単。延長コードと同じように挿し込めばいいだけです。

センサーのコンセントと、凍結防止帯のプラグの結合部はむき出しの状態になるので、ビニールテープ等で巻いておけば、雨や雪の侵入を防ぐことができます。

水道メーターボックス内にも凍結防止策を

出典:https://www.photo-ac.com/

意外と見落としてしまうのが水道メーターのボックスや散水栓のボックス内です。箱の中にあるとはいえ、外気にさらされているので凍結する可能性は十分にあります。

特に、水道メーターは住宅の水道管に直結しているので凍結は防ぎたいものですね。

そこで、水道メーターや散水栓の凍結を防ぐために、ボックス内に発泡スチロールか保温材(スタイロフォーム)を敷き詰めましょう。

スマホくらいの大きさにバラして敷き詰めることで、凍結を防ぐことができます。ついでに、水道メーターにある元栓がちゃんと動くか確認しておきましょう。

水道管が凍結してしまった場合の対処法

出典:https://www.photo-ac.com/

万が一、水道管が凍結してしまったら。溶けるまで放置しておくのが一番安全なのですが、急いでいる場合には、タオルを巻いてぬるま湯(50℃程度)をかけましょう。

沸騰しているような熱湯をかけるのは、水道管の破裂や破損の原因となってしまうため厳禁です!

一度破損した水道管を修理することはできず、交換するしかないので非常に面倒な事態になります。

他の方法として、ドライヤーの熱を少し離れた場所からあてたり、ホッカイロを凍結した場所に押し当てるのも有効です。ゆっくり溶かしていくことを心掛けましょう。

長期の外出をする際には水道管の凍結防止策を

出典:https://www.photo-ac.com/

寒い時期に旅行や出張などで長い期間外出する際には、「水抜き」といった凍結防止のための対策を忘れずに行いましょう。

外出中に水道管の凍結により破損してしまったら、水漏れの状態が続いてしまいます。帰ってきたらとんでもない状態になっていた、なんてことになりかねません。

僕も一度経験があるのですが、定期点検でお客さんの所へ行った際に、散水栓の一部が破損し、ちょっとした噴水の様になっていました。

壁にかかった水は凍結し、鍾乳洞のようになっているのを見て、声を出して泣きそうになった記憶があります。真冬の中で水溜まりに腕を突っ込んで水道管の交換をするのは地獄です。

無理に対処しないで修理業者に頼むことも大切

凍結した場合の対処や、水道メーターボックスの中に保温材を敷き詰めるといった、ちょっとした作業なら自分でできることです。

ですが、水道管が破損したなど手間のかかりそうな場合には、無理をして自分で対処しようとせず、水道工事業者に修理を依頼することが大切です。

間違った施工で状況が悪化してしまう可能性があります。専門の知識をもった業者に依頼して、ちゃんとした修理をしてもらうことで、安心して水道を使用することができます。

【水道救急センター】では、24時間365日いつでも対応してくれるので、深夜の時間帯などの急な水回りのトラブルにも対応してくれるのは嬉しいですね。

よくあるトラブルとして、外注の業者に委託することで高額な修理料金を請求されたというものがあります。

水道救急センターでは、完全自社スタッフ体制で対応しているので、上記のようなトラブルの心配はありません。

まとめ

水道管は外気にさらされている場所が凍結しやすいため、水道管がむき出しになっていたり、保温材が経年劣化でボロボロになっている場合には、保温材や凍結防止帯の取り付け・交換が必要になります。

また、見落としてしまいがちな、水道メーターボックスや散水栓のボックスの中も、発泡スチロールや保温材を敷き詰めることで凍結を防止することができます。

万が一凍結してしまったら、凍結した場所にタオルをかけてぬるま湯(50℃程度)をかけるか、溶けるまで待ちましょう。熱湯をかけるのは、水道管の破裂・破損の原因となるので厳禁です。

バタバタしている朝の時間帯では、凍結して水道が使えないという状況は避けたいものです。ちょっとした手間をかけることで凍結の可能性を減らせることができるため、水道管の凍結対策を行っておくことを強く勧めます。

降雪量の少ない地域だからこそやっておきたい!大雪に備えた対策を紹介この記事では、降雪量の少ない地域に住んでいる方に向けて、大雪に備えた対策を紹介しています。ちょっとした手間でできる大雪対策を紹介しているので、参考にしてみてください。...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です